一月後の年賀状

2001つるみ15.JPG
今日で正月も終わり。オリンピックの年だと浮かれていたら、

新型コロナウイルスの感染拡大で、世間はてんやわんや。

かく言う大好きニャンコも、この一月、全く記憶から蘇らずに、

眠っていたことがありました。

それは元旦、郵便受けから取り出した年賀状に目を通していなかったことです。

年賀状を出さないので、いただくことへの感謝の念が欠落していたとも言えます。

年末からの大掃除の続きを元日にもしたことも忘れていた一因で、

ハガキが他のものと紛れてしまったようです。

さ、このブログをアップし終えたら、じっくり目を通そうと思っていますが、

そんなことを思っていても、ちょっとしたことで、

すぐ別なことに目が向いてしまい、

結局暑中見舞いのころに読むかもしれないのです。

生死にかかわるウィルスだったら、心配しますが、

しばらくそのままにしても事件は起こらないものには、

いたってルーズになる性格が悪いのです。

年賀状を下さった方々、ほんとうにスミマセン

"一月後の年賀状" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント