ジージとバーバ・・・昨日の続きのようなものです

1911秋02.JPG
表題の言葉は誰だって知っています。

爺さん婆さんが、孫に言わせる呼び名の定番ですが、

こんなの、いつの時代から始まったのでしょうか?全く想像がついません。

けれども、

爺さん婆さんたちは、孫からこのように呼ばれて目を細めているのですから

まんざらでもなさそうです。

お爺さん、お婆さんは自分のことを孫に言う時にも使っているようです。

爺ちゃんはね、とか、婆ちゃんは・・なんて言わなくなってしまいました。

ましてジイなんて自分で言わないし、婆さんはバアなんて言わないから

バーバに変化したのかも知れません。

その兼ね合いでジイがジージになったのかも。

でも、この言葉を自分で発する爺さん婆さんは、

もう孫の奴隷になったようなものです。

お母さんは後ろを向いてニンマリしているのは確実です。

タンス預金でため込むより、孫のために盛大に使ってやれ!

桜を見る会に招待されたことにより、それを大々的に喧伝し、

爺さん婆さんから老後の資金を奪っていった総理大臣の知人?より

ジージ、バーバと呼ばれて嬉しがってお金を出すほうが賢明と言えます。

"ジージとバーバ・・・昨日の続きのようなものです" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント