アルコール消毒

2007は02.JPG

スーパーへ行くと、入り口に消毒液が置いてあり、

自分で押したり、足で踏んだり、

自動で出たりして、手指を消毒してから店内に入ります。

店の買い物籠に購入するものを入れて、レジに並びます。

人が多い時は2mの間隔をあけて順番を待ちます。

沢山買い物をしたら、並んでいる間、かごを下に置きます。

前が空いたら、そのカゴを足で蹴るような形で移動させる人もいます。

料金を払って店を出る時、またアルコールで手指を消毒して、

一連の買い物のパターンが終了するわけですが、

ここで???です。

ま、入店する時の消毒はOKだとしても、

店を出る時、どうしてまた消毒するのか、が理解できません。

店内にある品物を手に取り、購入しないので元に戻したとしても、

その商品には菌やウイルスは付着していません。

入店の時、アルコールで除菌しているのですから。

その意味で店内でいろいろなものに触れても、感染していないということです。

元々ウイルスが付着していたら仕方ありませんが。

だから付着していないとするなら、帰り際の消毒は不要だし、

最初から付着しているものと想定したら、入店時の消毒なんて無意味になってしまいます。

それにウイルスは靴などにも付着しているとすれば、かごを足で押して移動するなんて、

もってのほか、と言えるでしょう。

先月まで大坂では4人の飲み会がOKで

5人はダメ(今月からは多人数はダメとなりました。意味がよくわかりません)

だとするのと同じで、

よーく考えると論理的でないことをしているように思えてなりません。

このクソ暑い時に外で律義にマスクをしている人、

秋になってどっと疲れが出てコロナに感染するかも知れませんよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント