イージス・アショアと大嫌いなたむけん

2002きりん1.JPG
防衛省は秋田県と山口県に配備を予定していたミサイル迎撃システムの

イージス・アショアの配備計画停止を河野防衛大臣が話したら、

先走り、などと各方面から意見が出ています。

昨日の朝の おはよう朝日、という番組でも取り上げられました。

その中で、昨年、秋田での説明会で、防衛省の担当者が、居眠りをしていたことが話題になり、

設置される付近の山の高さが正確でなかったなど、

問題点も浮きぼりになりました。

そんなことをMCの岩本計介アナが話していましたが、

大好きニャンコが大嫌いな たむけん も出ていて、居眠り騒動は知らない様子でした。

この たむけん よくテレビに出てきますが、一つも勉強しない(下準備なし)で

出ています。少し前にも前澤という有名人の大金持ちが

脱税したことを庇うような物言いをしていたことをここで書きました。

ある意味、報道番組であるのに、ただ出て来て勝手なことを言うのですから、

そんな人を朝日放送も よう出すなぁ と思うのです。

10年も20年も同じ顔を出す必要性はあるのかな?

岩本アナもイージス・アショアの件が何故停止されたのか、真の意味は知らないようで、

迎撃ミサイル発射時に切り離されるブースターの落下地点が正確でなく、

市街などに落ちる危険性があり、計画を断念したと話していました。

イージス・アショアは迎撃ミサイルで、中国・北朝鮮・ロシアのミサイルが

日本に向けて発射したことを想定して配備しようとしたものですが、

先に攻撃するミサイルが目的地点に真っすぐに飛んでくるものと仮定してのことであり、

現時点で、そのような飛び方をするミサイルは少ないとも考えられます。

AIを駆使して、複雑な飛行をするかも知れません。

つまるところ、発射直後を逃したら、迎撃して撃墜する確率は非常に低いのです。

防衛省は無駄なお金を使わないで済むと思っていたのですが、

違約金がいるとか・・・

仕方ありませんが、これでトランプが次の大統領になる確率が少ないことがわかりました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント