IR疑惑で、下地辞めろと言う松井。 仲間だろうが。

1910にゃん1.JPG
本日は小説の日でありますが。まだ新しい小説はありません。

エッセイのようなのを書いたので、3回くらいに分けて載せようと思っていたのですが、

ニュースで渦中の下地議員が100万円をもらったことを白状したので、こっちの方で書きます。

昨日の続きになってしまいましたが、面白いことに気づいたので、そのことも。

下地議員が100万円もらったことで、維新の松井が、議員辞職すべきだ、と早々の対応です。

昨年12月で政党助成金の額が決まっているので、下地議員が居ようが辞めようが、

党の資金は減らないからでしょうか?

不祥事のデパート(疑惑のデパートをもじったのです。勝手に使いました。ゴメンナサイ)

と言っても過言でない維新です。

悪いことがあると、辞めろ、除名だ、といつもの手法です。

維新の大好きなIRを推進してきた一人なのに。

冷たい人間ですなぁ、松井という人は。

その対応の速さは天下一品ですが、ここであることに気づいたのです。

松井は維新が有利な時は、自分の立ち位置のバックが党の宣伝になっているのですが、

今回は真っ白でした。どこかの会合の途中だったのかも知れませんが。

臭いものにはフタをしろ的発想しかできない党首。有利な時は党を前面に出し、

不利になるとケツをまくる手法です。

これじゃ大阪市を壊しても、今より良くなる気配がありません。

それにもう1つ。前回の選挙で当選した参議院議員の資産が公表されましたが、

各党の平均資産でトップは自民党の2700万円あまり、

続いて維新の2200万円あまりとなっています。

身を切る改革なんて言いながら、お金は持ってるぞー であります。

そんな維新を大阪の人達は大好きなのです。これが大阪というものかも。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント