小学校の統合廃校 利益を得るところが必ずある

2001つるみ09.JPG
人口減少により、近年小中学校が廃校になることが多く、

過疎の町や村に住む子供たちは、

遠くの町までバス通学などをしている場合もあるとか。

反対に大都市では高層マンションが増え、

その近くにある小学校では生徒が多すぎて、プレハブの教室で授業をしていることも。

過疎や離島の小学校では、自治体は極力廃校にしないで

地元の小学校、中学校で勉強できるように頑張っていますが、

効率を重視する大阪市長は、学年で2クラス以下だったら廃校にして

近くの学校と統合するようです。

その言い分は、多くの友達を作り、切磋琢磨するには、3クラスくらいは必要とのこと。

それじゃ山間部の分校などは、出来の悪い子ができるのか?

過疎地に暮らす人々に失礼この上ない言い方をする市長であります。

大阪市内の小学校や中学校の統合計画には、

大阪都に移行する前に、学校の運営費を削減しようとする意図が見え見えです。

昨年秋の、萩生田文科大臣の「身の丈」発言のようなことを実践しようとしているのでしょうか。

いま、梅田の超高層マンションのCMがテレビで流れていますが、

このマンションのある場所は曾根崎小学校があった場所だと記憶しています。

児童数が少なくなって廃校になり、何故かその跡地はマンションです。

ってことは、統合により廃校になった後の土地は、またマンション用地になるのでしょうか?

そう言えば維新という政党の熱心な支持者には不動産業や建設業が多く見受けられます。

IR誘致も万博も、すべて土木・建設の業界が潤うようになっているのを見ると、

なるほど であります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント