血税 不敬 約束反故

19 r12014.JPG
あいちトリエンナーレ2019の「表現の不自由展・その後」が

グチャグチャになっていて、本当に不自由な世の中へと進んでいる気配が見えてくる。

都合の悪いことなら、爆破するぞ、と脅して開催を中止させる。

その尻馬に名古屋市長までが乗り、ようやく開催されたら

会場前に座り込み、中止を求める。これ、市長のやることか?

座り込んだ人は血税とか不敬と書いたカードを手にしていたが、

どういう意味か分からなかった。

あとで名古屋市長が愛知県庁前で座り込み掲げているプラカードに、

日本国民に問う!陛下への侮辱を許すのか! と書いてあった。

8月に不自由展が開催されて3日にして中止に追い込まれ、そのあげく、

9月終わりごろには加計問題で知らぬ存ぜぬを通した

羽生田文科大臣が決まっていた補助金を交付しないと発表。

少女像や天皇に関する展示物(だと思われますが、よく分からない)に反対だからか?

血税という言葉がよく使われるが、税金の無駄遣いは今回の件以上に多くある。

不敬という言葉は、戦前にはあったが、現在は使われない。

それなのに名古屋市長はどのような考えから、反対するのか、

真意が分からない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント