グレタ・トゥーンベリさん

1909はな16.JPG
23日、国連で意見を述べたグレタ・トゥーンベリさんには、

ビックリするとともに頭が下がる思いです。

地球温暖化を防ぐために16歳の子どもが一人で立ち上がり、

いま、世界中の若者の共感を得ています。

国連でのスピーチの内容は、すでに新聞等で報じられていますが、

世界中から集まった各国の代表に、行動が遅すぎる、やる気が無いのか、

と怒っているのです。

そして最後に

もしあなたたちが裏切ることを選ぶのであれば、私たちは決して許しません。
私たちはこのまま、あなたたちを見逃すわけにはいかない。
今この場所、この時点で一線を引きます。世界は目覚め始めています。変化が訪れようとしています。
あなたたちが望もうが望むまいが。

と。

経済成長を追い求めるのは止めにして、

即刻二酸化炭素の排出を最小限にしなければ、と訴えていたのです。

大好きニャンコも、12日に「まだ夏!」とのタイトルで同じようなことを書きました。

16歳の少女のスピーチみたいにはいきませんが、

地球を救うためには、経済成長ばかりの考え方は否定するべきかも知れません。

それは国というものの在り方を変える時期に差し掛かっているということです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント