身勝手小説の部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 南蛮文化館を訪れました

<<   作成日時 : 2018/06/04 09:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


長崎や熊本の潜伏キリシタンの施設が世界遺産になりますが、

そんな資料が大阪にもあると報道されていたので、見に行きました。

大阪市北区中津にある南蛮文化館です。

この南蛮文化館の特長は個人のミュージアムで、

開館日が5月と11月の2か月間であるというのものです。

展示されているものはキリシタン関係遺品と南蛮美術品で、

重要文化財に指定されている南蛮屏風も展示されていましたが、

お目当ては「悲しみのマリア」です。
画像

このアリア像は福井県の旧家の土蔵の壁の竹筒に収められていたもので、

16世紀後半に描かれたようで、どのような経緯で伝わったかは分からないそうです。

シピオーネ・ブルツォーネ という画家の作品の中に、このマリア様と同じような顔立ちのものがあり、

もしかして・・・とも思われるのです。

教科書にも掲載されているフランシスコ・ザビエルのお顔の絵も、

もとは茨木市の民家で発見されたもので、大阪も潜伏キリシタンとは縁があるようです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
南蛮文化館を訪れました 身勝手小説の部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる