アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
身勝手小説の部屋
ブログ紹介
zoom RSS

隠し神 35

2018/01/23 09:59
画像「俺達警察もそうだが、ダメ男先生達もみんな騙されていたんだよ。なんでこんな簡単なことに気付かなかったのだろう。ほんと、目の前の事象だけに囚われて、イッチャン坊やの言う通り大局を見ていなかった。先生にイッチャン、迷惑をかけたな。俺から謝る」
 カメラマンに扮していた樋口裕一郎刑事は深々と頭を下げた。そしてあの事件のからくりを説明した。
 大和テレビの元ディレクター沢田一平は伊藤華子に敵意を抱いていたことは確かだ。それはダメ男先生達も知ってるね。魔術スペシャルで発砲があったが、最初から誰も殺そうなんて思ってなかったんだ。もちろん華子も狙われてもいなかった。あの弾丸は初めから発射なんかされてなかったんだ。
「だって洋子に当ったんですよ。あれは何なのですか」
 樋口刑事は推論だが、と断わって話を続けた。
 実弾は発射されなかったが、模擬弾のようなものを発射したんだ。プラスチックの弾のようなものをね。それが洋子さんに当って、衝撃で倒れたんだよ。偽の弾でも当れば痛いからね。それと同時に佐野亘がほんとうの弾を舞台の後ろに転がしたんだ。それを華子が拾ったってことさ。騒ぎを大きくするためにね。佐野が華子にダメージを与えるために仕組んだが、沢田がグズグズしてて君達の魔術が終った後に撃ったものだから計画が狂ったんだ。それに華子の虚偽の申告により、あの馬鹿警部が動いたものだから、よけいにややこしくなった。君達の逮捕状を取ったものだから、こっちまでとばっちりを受けるはめになった。
 樋口刑事の推理は正しいかどうかは分からないが、発射された弾が見えたのは模擬弾でスピードが遅かったからなのだろう。でも逮捕状を取ることが出来たのは何故だろうか。警察もずいぶんいい加減なものだと思う。
「逮捕状には僕の名を通称で書かれていたのはどうしてですか。それに一番疑問に思ったことはイッチャンも逮捕されたことです。三歳の子供を逮捕するなんてこと、絶対にできるはずがない。逮捕状を申請した警部も受理した裁判官もどうかしてますよ」
 樋口刑事は俺の言ったことにはじめて気付いたみたいだ。そんなの常識ではないか。
「通称等でも逮捕され起訴されることはあるが、幼児に逮捕状を出すなんてことは世界中何処にもない。こんな簡単なミスにどうして気付かなかったのだろうか。俺もだが、みんなどうかしている。あの逮捕状自体無効ってことだ」
 イッチャンがカツ丼を食べ終わり、うとうとしている。やっぱり子供だ。
「帰るから起きるんだ」
 目覚めたイッチャンは「おっちゃんポスター早く作ってね」と言った。刑事は「俺が撮ったんだ。自慢じゃないがプロより凄いポスターを作るからな。また遊びにおいで」と余計な一言を付け加えた。
「じゃ、さよなら」
 いなくなった。突然消えてしまったことに動転して樋口刑事はタバコを膝に落とした。慌てて消しながら思った。本当に魔術だと信じる気になった。こんな場所から消えたんだから。周りを見回しても二人はいなかった。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


北向き地蔵様

2018/01/22 09:09
北向き地蔵の由来はよく分かりません。
いつものようにネットで調べると全国に400体ほどあるそうです。
お地蔵様は衆生を救うために忙しいので、他の仏様のように南ばかり向いていられないとも言われています。
そこで、この北向き地蔵様に願い事をすると、叶うということらしいのです。


梅田三番街の北向き地蔵様は駅ビルの一角にあり、熱心にお祈りしている人が多いようです。
画像

地蔵様の写真を撮ろうとしたのですが、暗い上にお参りする人が多いので、
表面的なものになりました。


六道珍皇寺近くの北向き地蔵様です。
地元の人が訪れるようです。
画像



大好きニャンコがお参りするお地蔵様です。
画像

満開の桜と共に、また春にお届けします。

柵に貼ってあった詩は次のようなものです。

ニュー モラルの詩

あなたといると
私の中の良いものが
引き出されるようで
楽しくて心が軽くなるのです

あなたといると
母の胸の中にいるようで
心が安らぎ嬉しくて
世の中がとても明るく見えるのです

お金がなくとも物がなくとも
感謝と思いやり
通い合う心があれば
みんな幸せ

あなたといると
生まれてきてよかったと
心の中でつぶやいている
私がいるのです

淳子


(勝手に改行しています)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


働き方改革は、働かせ方改革?

2018/01/21 10:13
画像

電通の高橋まつりさんの過労による自殺で、

働き方、特に違法な残業が問題となり、

国は働き方改革を行うと、いろいろ検討しているようですが、

それは労働者の働き方を考えてのものか、

労働者を効率よく働かせるためのものか、意見が分かれるところであります。

給与があまり上がらないから、残業でカバーする人もいます。

それに人出不足もあります。

だから効率よく働かせたい、といった経営者も多いはずです。

数日前人手不足を逆手に取ったラーメン店が紹介されていました。

全国に展開するようですが、

そのお店は、午後3時から夜11時まで、店員は1人だけ。

1歩半の動きで、全ての作業を賄える厨房。

そこで注文されたラーメンを作り、出来上がり口に出すというもの。

客は自動販売機で好きなラーメンの券を購入する(一種類だけだったかも、順番券? 忘れてしまった)と同時に

店員はラーメンを作り、また先客が返却した丼を洗ったりするのです。

ラーメンを作ることと丼などの洗浄以外のことはすべて客がする、究極のセルフサービスとも言えます。

大好きニャンコは、こんな店には絶対に参りません。

店員も客も、まるでブロイラーを育てる養鶏場みたいです。

そんなところで旨い、美味しいと満足できること自体、おかしいと思うのです。

人出が足りないから、と言うより、雇用を少なくして利益を最大限に出す、

従業員もお客をも馬鹿にした経営方法ではないでしょうか。

そんなのを新しいラーメン店経営の在り方だと思ってるテレビ局の担当者は、まともな人ではありません。

人手不足と言いながら、1枚1円や2円でチラシのポスティングをしているアルバイトの学生もいます。

やっぱりどこかおかしくなっているように思えてなりません。

ラーメンを作っている人、いつトイレに行くのだろうか?

紙オムツをしてたりして。もうブラック企業の典型でもあるのです。休憩時間は?
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ウインドウズは、やっぱり不思議OSです

2018/01/20 10:24
画像いつも勝手にOSを変更するウインドウズですが、

昨年の暮れには、そのためにランケーブルの橙のランプが消えてしまい、

インターネットができなくなるのか心配でした。

いろいろ調べてみると、橙のランプは通信速度が遅い時に使われるらしいです。

だから通信速度が速い現在、青ランプだけの点灯でもインターネットが出来ていました。

一昨日、朝にパソコンを起動すると、デスクトップのアイコンが左にすべて寄っていました。

もう、せっかく用途別に分けてあるのに、とまた元通りに戻したのです。

そして昨日、何気なくランケーブルの接続部分を見ると、

橙のランプが点いているではありませんか。

??? どうして? 勝手に元に戻っているのです。

よう分からんウインドウズです。

元には戻ったけれど、例の如く、外付けハードを認識しません。

ウインドウズが頻繁にアップデートするのは、ウィルスの侵入などを防ぐためらしいのですが、

こっちは外付けハードを使えるようにするため、

色いろ手立てを講じ、半日は時間を費やします。

いいかげん、ウィルスが侵入しないOSを作ってほしいものです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


広告宣伝の方法が多様化しています。

2018/01/19 09:18
テレビでもコマーシャルをしているメットライフ生命の会社が

キャラクターであるスヌーピーを大きく描かいた飛行船を飛ばしていたときは、

宣伝費用は凄いだろうな、と思ったものです。

よくあるのがトラックに看板を設置したり、

アルミで出来た荷台の箱に大きく印刷したものや電飾で飾ったものなど

色んなものがあります。

京阪沿線では毎日放送が京阪バスのボディにMBSラジオの宣伝をしていました。

本日の写真は歩道に停めてあった三輪自転車と、信号で停止していた軽トラックの宣伝カーです。
画像

自転車は、歩道に停めてあっても、歩行者の障害にならなければ、置きっ放しでも文句は言われないでしょう。

なかなか良いアイデアです。

信号で停止していたこの軽トラ、ナンバーは尾張小牧でした。
画像

???

この移動宣伝を見て、エッチなDVDを見に行く人がいるのかなぁ?

高収入につられてスマホで風俗店を探す女性がどれくらいいるのかなぁ?
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


インバウンドが増えた理由 それは王様だからです

2018/01/18 09:16
画像

外国人観光客のことをインバウンドと呼ぶらしいです。

その本当の意味は知りません。けれどもみんなそう呼ぶことに慣れてしまいました。

格安航空会社が増えたためか、大阪市内の繁華街は外国人が幅をきかせ、

日本人が楽しむ余地が、だんだん少なくなっています。

天神橋筋商店街のような外国の人が来ても、喜んでもらえるようなところが無いのに、

多くの外国人がうろうろしています。(天六に、くらしの今昔館 があるから…?)

どうしてだろう、と思ったのです。そこでいろいろ考えて見ました。

たぶん安い宿泊先が、普通の町中にあるということが考えられるのです。

そうです。民泊です。

数人で泊まるので、一人当たりの費用がバックパッカーが泊まるホテルより安くなるのではないかと思われます。

だけど、観光地から離れたところに泊まるなんて、不安に思わないのでしょうか。

いえいえ、そんなことを思うなんてことは、全くないようです。

それは日本人が外国人に対して寛容であり過ぎるのです。

民泊で騒いで近所に迷惑をかけていても、その近所の人が直接文句を言う、たしなめるなんてことはしないからです。

空港へ出迎える中国人の白タクがまかり通っているのと同じです。

ことが起きてからしばらくして役所などに被害を訴える。だから

日本へ行けば、王様気分で旅行できるという評判が中華圏の国々にはあるのではないでしょうか。

環状線の電車内の案内には、英語、中国語、韓国語が表示されます。

車内アナウンスも、有名観光地がある路線では3か国語が流れます。

凄いサービスです。王様である外国人観光客のために至れり尽くせりです。

日本は工業国から観光国に鞍替えするようです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


北向き地蔵様

2018/01/17 09:37
画像

元旦にお参りした近くの北向き地蔵様は、何度かここに取り上げたことがあります。

けれども今回はカメラを持参しなかったため、横に貼ってあるお地蔵様への思いや願いのような

素晴らしい文章をお見せすることができず残念です。

2つのうちの1つは、AKB48の365日の紙飛行機の歌詞の1番でした。

そしてもう1つの文章も、たいへん心温まるものでした。

近いうちにこの場に載せたいと思います。

ところで年末訪れた六道珍皇寺の近く、小さな小さな行き止まりの路地の奥にも北向き地蔵様がありました。

調べてみると、各地にあるようで、

阪急三番街の北向き地蔵様は良く知られているとのこと。

大好きニャンコも何度となく前を通っていたのですが、

若かりし頃のことで、無視していたような塩梅です。お恥ずかしいことです。

そんなわけで、梅田のお地蔵様も、今度載せることをお約束します。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


隠し神 34

2018/01/16 09:16
画像 留置係が手渡した紙切れはイッチャンからのものだった。刑事は読んで笑い出した。なかなか止まらない。ようやくおさまって刑事は言った。
「放っておけ。明日の朝には必ず帰ってくるから。このことは絶対誰にも言うな。漏れたらたいへんなことになるから。どうせ午前中に釈放になる」
 このように命令してまたイッチャンの作文を読んだ。
『カメラマンのおっちゃんへ。ダメ男兄ちゃんと牛しゃぶを食べに帰ります。明日の朝戻りますので、よろしく。写真は絶対ポスターにしてね』
 あんな目にあっても警察を恨むこともない子供なんだろうか。あのダメ男も正論を言うだけで、警察を批難しているわけでもない。それに牛しゃぶを食べに帰ってしまった。もう勝手にしたらいい。あの頭でっかちの警部が原因だ。テレビで『ダメ男を徹底的に糾弾すべきだ』などと言ってたレポーターの言葉にうまく乗せられた形だ。どう後始末をつけるかが見物だ。
 翌朝ダメ男は留置室で寝ていた。イッチャンはメイクの警官と一緒に警察へ出勤だ。すぐに取調室へ二人は移されたが、調べることがないのでそのままにしておいた。するとダメ男は交通課の待ち合い椅子で新聞を読み出した。イッチャンは各部署の探検だ。婦人警官は可愛いイッチャンを見ていろんなことを教えてあげる。すると微笑んで嬉しがる。なんだか警察署のマスコットみたいになってしまった。
 遊びに飽きてダメ男のところへやってきたイッチャンは、どうして捕まることになったかを調べていたみたいで、ほとんど解決したと言った。
「そろそろ帰れるかな。もう飽きちゃった」
「昼前だから、もうそろそろだ。電車で帰ろう。みんなに知られてもいいよな。もうすぐポスターが出来るんだし」
「てれくさいから髪の中にいるよ」
「あ、そうだ。パトカーで帰ろう。途中までサイレンを鳴らしてね。面白いぞ。きっと送ってくれるよ」
 イッチャンはまた嬉しそうな顔をした。

 予想より少し遅れたが、午後一時に検察事務官がやってきて俺に不起訴であることを伝えた。不当逮捕でどうこうするという気はなかったが、パトカーで送ってくれるように要望した。いけないことだが拒否するはずはないと思った。丁寧に案内されてパトカーの後部座席に乗り込んだ。イッチャンは助手席に座りたがったが、対向車から丸見えなので、さすがに俺もダメだと言った。
 運転手はカメラマン刑事だ。迷惑をかけたので暫くドライブしても構わないと言う。適当に三〇分ほど走ってほしいと頼んだ。サイレンを鳴らしながら走るのって、気分がスッとする。イッチャンは「もっと、もっと」とスピードを出すことを要求する。この刑事も尻馬に乗り目一杯アクセルを踏み込むから困ったものだ。もしも事故ったら一貫の終わりだ。俺は冷や汗を流しながら乗っている。
 港が見える高台の公園で小休止となった。助手席に置いてある包みから刑事はお弁当を取り出し、昼食だと言って俺とイッチャンにわたした。カツ丼だった。
「昨日、君達はカツ丼を食べたがっていたから持ってきた。食べてくれ」
「おっちゃんありがとう。おいしそうだね」
 俺は黙っていた。
「それでさ、ちょっと尋ねたいんだが、いいかね」
 尋ねられて困るようなことはないので、俺は頷いた。
「どうして急に現れたり消えることができるのかね。不思議でならないんだ」
「どうしてか、って言われても分からない。魔術だから。魔術には理論なんてないんだ」
「何かタネはあるんだろうが、それは企業秘密ってことか。そうだよな。誰でも消えたり現れたりすれば困るからな。ま、いいや。あの発砲事件はどう思ってるんだ」
「あれは華子姉ちゃんが知ってるんだけど、嘘をついたんだ。死んだ犯人にピストルを渡したのは司会のおっちゃんだよ。警察のおっちゃん達は弾ばかり気にしてピストルが持ち込まれたことは捜査してなかったでしょ。一般の観客が持ち込めるはずがないもの。携帯電話はマナーモードが原則だし、食べ物や飲み物なんかも原則持ち込み禁止になっていたよ。長丁場だから小さなペットボトルやスナック菓子くらいなら許されていたけど。あの舞台周辺は指定席だから特に厳しいボディチェックがあったはずだよ。甘いね、警察も」
 三歳児に言われて腹が立った刑事だが、イッチャンの理路整然とした話しを聞いていて大きな間違いに気付き、自分でも意識しないまま大きな声を上げた。昼下がりを憩う周囲の人達が驚いてこっちを見た。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


雪やコンコ…の灯油販売、なぜか寂しそう

2018/01/15 09:02
画像

昨年の冬には雪やコンコ…と、たき火だたき火だ…、の2つの移動灯油販売のクルマが

やってきましたが、今年は雪やコンコ…だけです。

それもなにがしか寂しそうな感じで、容器を玄関先に出してください、

というアナウンスが少ないのです。

例年になく寒い正月になっているのに、購入する家庭が少なくなっているようです。

どうして少なくなったのでしょうか?

いろいろ要因が考えられますが、

まず石油ストーブを利用する家庭がどんどん減っているのではないでしょうか。

高齢化に伴い火事を引き起こす原因になりかねないストーブを使わず、

エアコンを使用する家庭が増えているのかも知れません。

もう1つ。移動販売は、高くつくからです。

近くのセルフスタンドで購入するより10%以上高くつくので、

お年寄りでも給油のついでに灯油を買って帰るのかも知れません。

大好きニャンコは石油ストーブは数年前の夏、粗大ごみに出しました。

ガスストーブが2台あるのですが、使いません。ホースによく足を引っかけるからです。

カセット式のガスストーブと、部屋の中でも厚着をすることで寒さをしのいでいます。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ABC'予想とフェルマーの最終定理 ???と、マルキヨ製菓

2018/01/14 09:32
画像

ABC'予想とフェルマーの最終定理というタイトルが

YouTubeの次の動画の右側の案内のところに出てきました。

高1で証明する…とあったので、クリックすると、

50分ほどの動画で、ちょっと難解な解説から始まります。

大好きニャンコにとっては(ちょっとどころではないのですが)。

そんなのをしばらく見ていると、CMが入ります。

沖縄のマルキヨ製菓という会社の宣伝です。

沖縄土産にどうぞ、ということでネット販売では

サーターアンダギーなど18種類が販売されているのです。

このお菓子会社の宣伝をするつもりはありませんが、

なぜ数学の、ちょっと難解で、そんなに視聴してもらえない(昨年9月の終わりにアップされ、22000回視聴されています)のに、きっちり制作されているのです。

大学受験生が見るのかな?

不思議です。マルキヨ製菓の社長さんが数学好きだったりして。

でもユニークな動画だと思います。まだ10分しか見ていないのですが、

お気に入りに追加して、また見るつもりです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


生徒たちは本がお好き。

2018/01/13 09:35
画像

3学期が始まり、下校時に多くの生徒が電車にのりこんできました。

電車は空いていたので、殆どの生徒は座ることができます。

みんな騒ぐこともなく、ランドセルやバッグから本を取り出し、

一所懸命読み始めました。

こんな遠くまでの電車通学だからでしょうか。それとも中学受験でもするため、

低学年から本を読む習慣がついているのかわかりませんが、

感心します。

朝の登校時はどうしているのか、ちょっと考えて見ました。

大好きニャンコが高校生の頃は、京都行きで、

朝に1本だけ?女学生専用電車が走っていました。

香里園にある聖母女学院の生徒のためにあったものですが、

時折男も乗り込んでしまうこともあったようです。現在は廃止されたと思います。

だから朝のラッシュ時は大変だろうと思います。

たぶん乗車率が低い各駅停車で登校してくるのかもしれません。

それにしても、

大阪市内から光善寺まで毎日通うなんて、


やっぱり経営している宗教団体の力って凄いのかも知れません。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


維新って、何のこと?

2018/01/12 09:52
画像

昨年あの橋下にボケと揶揄された丸山衆議院議員が

日本維新の会を離党すると言ったのに、

年が改まると、それを撤回することにしたと報道されています。

多くの支持を得て国会議員になったのに、ころころと考えが変化し、

元の鞘に収まるなんて、本当に信念というのがあるのか、はなはだ疑問であります。

そして来月の岸和田市長選に大阪維新の会の府会議員が立候補すると表明しています。

それじゃ府のことはどうでも良いのか?

万事この維新と名の付く政治集団は、あっちへ転がったり、こっちを向いたり、

ずっと場当たり的であるのです。

そこで維新の意味を調べてみると、訓読みで「これあらた」ということです。

詩経という中国の書物に記載されたもので、新しくするという意味と復古という意味があるそうです。

要するに、何か分からない漢語なのです。

何かわからないから、所属する議員さんも何かわからないのです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


地図って売れるの?

2018/01/11 08:19
画像

昨日は京都の地図に訪れた場所や通った道に印をつけるようなことを書きましたが、

今日は、あの地図って、現在、売れるものかどうか、という疑問が湧いてきたのです。

地図は国土地理院が作って、それを応用して民間企業がニーズに合わせて、

独自なものを製作しているようです。

昨日写真で載せた地図も、春の桜と秋の紅葉の名所が記載されたもので、

真に観光向け地図でした。

市や町ごとの地図帳がゼンリンから出ていましたが、現在はどうなっているのでしょうか?。

グーグルで見れば、家のかたちまで分かるので、もう必要ないかも知れません。

でも、年に一度?、地域の地図が無料でポストに入っています。

地域の個人商店などが広告として余白に掲載されていますが、

正直、それを利用することなど、まずありません。

もう観光地図以外は不必要な時代かも・・

いえいえ観光地図さえ不必要な時代になってしまいました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


地図に印を!

2018/01/10 08:53
画像

暇なときは、比較的近い京都へ出かけて、初めての町を歩くのが趣味みたいになっています。

あらかじめ歩くコースをネットで調べて予定を立てることができるので便利ですが、

ウォーキングした後、家で地図を広げ、歩いた道を赤や青のボールペンなどでなぞるようにしています。

こうすると、どのあたりをよく歩いているかも分かりますし、

今度ここを歩こうと、予定も立てやすくなります。

京都観光は個人では市バス利用が便利だったのですが、

近年は観光客でごった返しているので、極力歩いて目的地を目指すのですが、

実際に歩くと、思ったより早く到着できるのです。

スマホで地図を見て歩くと、時間や距離も分かるようですが、

実際は1時間歩くなんてことはしないようですね。

観光と同時にその町を知るには、ちょっとしんどくても、

歩くのが一番です。思わぬ発見も、多々あります。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


隠し神 33

2018/01/09 09:32
画像
 スタジオでは楽しい雰囲気で撮影が行われていた。特にイッチャンはスチールカメラのシャッターが押される度にボシュッ、ボシュッと聞こえるストロボの音が気に入り、一人で何十枚も撮ってもらっていた。
「お疲れさま」と声がかかり撮影を終えた瞬間だった。今まで仕事をしていたカメラマンやメイクアーティスト、助手等が一斉に三人を取り囲み一人一人の両腕を確保した。
「これで一緒に消えるわけには行かない。君達を逮捕する」
 カメラマンに扮した警官が言った。
 あらかじめ予想していたことなのでダメ男達は静かにしている。警官達は勝ち誇ったように嬉しそうな顔で三人を見つめている。
「あのぉ、これっておかしいですよね。逮捕するには現行犯を除けば逮捕状がなければできないじゃないですか。それを見せてください。本当に持ってるのですか」
 すると横のカメラマン助手をしていた男が令状を見せた。ダメ男は目の前に突き付けられた逮捕状をちらっと見た。
「ふーん。おかしいよね、イッチャン。洋子君のことは一言も触れられてないよ」
「そうだね。誤認逮捕って言うのかな。お姉ちゃん、どうするの。このままだと大問題だものね」
 三歳の子供に指摘され洋子を解放したメイク係はこの場に居たくないような顔をしている。その警官を睨みながら洋子が言った。
「じゃ、失礼します。晩ごはんは牛しゃぶだから、時間通りに帰ってきてね」
 まるですぐにでも釈放されるような言い方をしてスタジオを出る洋子だ。
「イッチャン、どうする。牛しゃぶだって。最高級の黒毛和牛のはずだ。七時頃に帰ればいいか」
「そうだね」
「それじゃ、あと三時間、警察に取り調べられるとするか」
「そうしよう、そうしよう。カツ丼が出たら夕食食べられないよ」
「取調室で丼なんかめったに食べられないから、全部食べるんだ。後で爺さんや婆さんに話せば喜ぶよ。牛しゃぶはヘルシーだから大丈夫だよ」
 こんな会話を聞いている警官達はだんだん腹が立ってきた。
「黙れ。連行しろ」
 カメラマン役が一番偉いらしい。ダメ男に手錠をかけた。続いてイッチャンにもかけようとしたが、ダメ男が睨んだ。幼児にそんなことをすれば、誤認逮捕よりもっとやっかいなことになる。警察全体が市民から総攻撃を受けるのは必定だ。仕方なしにメイク係の女性警察官がイッチャンをだっこして連れて行くことにした。
 取調室ではダメ男とイッチャンを挟んであの女性警官が座った。ダメ男達が消える時、手を繋ぐことを知っていたからだ。
 元ディレクターを嗾して伊藤華子を殺そうとしたことによる殺人未遂罪を適用しようとしているのだが、そもそも殺されかけたのが洋子であることからして無理があるし、撃った犯人はすでに自殺している。立証のしようがない。そこを突くと取調べ官は反論することすらできなかった。
 しかし逮捕状があるかぎり、すんなり帰すわけには行かない。数日は留め置かなければならないけれど、手の打ちようがない。取調室を遊び場のように思ってる幼児にカツ丼を食べさせなければならないのか。どうあがいても起訴なんか、絶対にできない。混乱し切っている担当官だ。
 そもそも発砲事件があったとき、田中洋子が倒れたことからおかしくなった。魔術か何だか知らないが、撃たれたのに立ち上がり消えてしまった。関係者を調べたら弾が出てきた。洋子の胸に衝撃が加わった大きな痣があったが、弾はなかった。あたりまえだ。当っていれば即死の部位だ。伊藤華子が弾を拾い持っていたので事情を聞くと、こうなった。犯人は窓から飛び下りて死ぬし、全く訳の分からない事件となった。裁判所もこんなあやふやなことで、よく逮捕状を出したものだ。誰が令状を請求したのだ。クソッタレ。あの頭でっかちの警部か。それに発行したのが警部の同期の牛蒡みたいな色黒で長身の裁判官か。何を考えているのだ。これじゃ絶対起訴もできゃしない。明日にでも検察から不起訴にしてもらわなければ面倒なことになる。
 そんなことをカメラマン刑事が思っていた時、ドアがきつく開けられた。
「二人がいません。消えました。こんなものが置いてありました
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


花がいっぱいの植物園

2018/01/08 10:12
画像

暮れからこれまで、ランの花ばかりアップしていますが、

ネコがいないからです。

いつもの公園にもネコは見かけません。

猫は炬燵で丸くなる、の童謡の歌詞があるように、寒さが苦手なことはご存知の通りです。

先月に載せていた仔猫は、10月の終わりころか11月に生まれた野良です。

最初、お母さんと一緒にいましたが、それから3回ほど見たあと、

姿を消しました。

その先は想像にお任せします。

そこで真冬でもたくさんの花が咲いている 咲くやこの花館で花の撮影となったわけです。

温室なので、ラン系の花は年中咲いています。それにハスの花も。

暫くは温室の花で我慢してください。

寒いのは嫌いじゃ!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


思ってたんと違う。1週間経つと、こんなに・・・

2018/01/07 10:01
画像

そろそろどこのお店も本格的に始動し始めました。

2日や3日に開けていたスーパーの野菜などの生鮮品は、

昨年の残りと言う事で、買うこちらとしても、それと知って購入していたのです。

そして昨日、???と思うことが起きました。

安売りで知られるサンディというスーパーへ、カセットボンベを買いに行ったのです。

もちろんボンベだけでなく必要なものも同時に購入しました。

1000円もあればお釣りがくると思っていたのに、あと100円ほど足りません。

会計を終えて、明細を見ると、なんと3本ゼットのボンベが59円も値上がりしているのです。

昨年末まで199円だったものが258円になっているのです。

思ってたんと違う、とちょっと腹が立ちました。

十分に値段表示を見てから買えば、このようなことは起きなかったのですが、

去年と同じだとたかをくくっていたのが、いけなかったのです。

それにしても7日で約30%のアップです。すごく強気な商売です。

こんなのが続けば、一般的な働く人たちは給料がアップしても、焼け石に水であります。

しかし、それを重々承知の私たちであるのです。文句は言えません。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


国技でしょ?

2018/01/06 10:25
画像

昨日もお昼のワイドショーは貴乃花のことがほとんど。

大相撲の評議委員会で貴乃花の降格が決まったことについての、

さまざまな意見を紹介しているのです。

そして昨年の相撲協会の臨時理事会で貴乃花が提出した

自分は職務を怠ってない、という意見書についてまで

ああだこうだと色んな関係の人が話していました。その文書は公表されていないのに。

他の局では、また貴乃花の母親まで出てきました。(怖そうな顔をしていました)

どちらが正しい、悪い、なんてことはどうでもいいようです。

面白いからです。

巷の意見では「国技でしょ」と答えていたオバサンがいました。

そのように思っている人が多いようです。

こんなの見てるの、飽きてきたのでチャンネルを変えると、

箱根の駅伝の話です。

青山学院大学の監督が出演しています。

関東地方の人は、箱根駅伝が好きなようですが、よく分かりません。

関東地方の何校かが出てるだけじゃないか、と関西の大好きニャンコは思うのです。

箱根駅伝が凄いモノなら、今までの関東の出場校プラス全国枠なんてのを設けたら

もっと視聴率があがるかも知れません。

誰がなんと言おうとテレビは東京、という強味であるのは間違いありません。

そんなのだから、あのスケベ顔の大阪の知事と腰巾着の大阪市長は

大阪都にしたいのかも知れません。

この秋、また沢山の費用と時間の無駄になる住民投票が行われようとしています。

話しがドンドンそれて行きました。失礼しました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


お風呂屋さんが消えて行く

2018/01/05 09:29
本日は3日にアップしたはずなのに、できてなかったお風呂屋さんについての記事です。

画像

家で一人だけお風呂に入るって、メチャメチャエネルギーの無駄遣いだと思い、

シャワーで済ませることが多いのですが、こう寒くなると、

やっぱりゆっくりお湯につかりたいと思い、それならお風呂屋さんに行けばいいと、

何度か利用したことがある風呂屋の営業時間を調べてみました。

ここで横道に・・・

近ごろ巷では、風呂屋とは言わずに銭湯と言うらしいです。

これって、東京の言葉ですよね。関西では風呂屋って呼んでいたのに、

いつのまにやら銭湯になってしまいました。

地方地方の呼び方がなくなるって、寂しいですね。

元に戻ります・・・

2年前に閉店していました。

それじゃいつも散歩の時に見える煙突の別の風呂屋をネットで検索すると、

やっぱり潰れていました。

これで我が市内には6軒しかお風呂屋さんはありません。

大好きニャンコのように、病気がある人は風呂屋全体が温かいので、

血圧なんかを気にせずに入れるのに、残念です。

どんな小さなアパートの部屋にも給湯器が設置されている現在、

公衆浴場は滅び去る運命にあるのでしょうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


注連飾り(しめかざり)  ※昨日アップしたはずだったのに・・・

2018/01/04 09:17
昨日の分がアップされてない。不思議です。

明日改めてアップします。ごめんなさい。
画像

正月の風景と言えば、各お家の玄関にはしめ飾りが飾ってあるのが昭和の時代でしたが、

それから平成になり、だんだん少なくなり、昨日、飾ってある家を見かけたぼはたった1軒だけでした。

年末には多くのお店で売っていたような気がしたのですが、

売れ残ってる方が多かったりして。

そして全く見かけなくなったのはクルマにつけていた小さなしめ飾りです。

たぶん芦屋などの高級住宅地にある高級車には付けてあるのかも知れませんが、

ごく一般的な家に留めてあるクルマには、全くつけていないようです。

それに、子どもが外で遊んでいる風景も、ほとんど見かけなくなりました。

みんな家に閉じこもり、テレビを見ているのでしょうか。

それとも家族全員がめいめいスマホで遊んでいるのでしょうか?

全く正月らしさを感じなかった三が日でした。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

身勝手小説の部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる