テーマ:お話

目の不自由な方のために

一昨日の朝のニュース番組で 目の不自由な人のためのスマホアプリが紹介されていました。 手紙などの郵便物が届いても、 それが自分へのものか他の家族へのものか分からない場合も多く、 そのような状態を解消するためにアプリで封筒の宛名あたりにかざすと、 その画像をAIの人口知能が分析し、声で読み上げてくれるとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ク マ その5

 クマが熊に襲いかかるなんてことは思ってもいなかった。腹を空かした臆病な野良犬だったので、こんな行動に出るなんて驚きだ。やっぱり餌をやったからだろうか。恩を忘れない動物が犬なのだ。だからこそ犬は人間になついていろいろな仕事をこなすことができるのだ。もっとも信頼のおける動物パートナーであることがよく分かる。  そんなことはどうで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不思議なお店 ベトナムサンドイッチ バインミー

お寺が沢山ある仁王門通り。途中にヘンなお店がありました。 店先に大根やネギが置いてあり、価格も表示されています。 お米も売っているようです。 そして写真の左端、一部しか映っていませんが、もう一枚の写真を見れば、ちょっと首を傾げます。 バインミーというベトナムサンドイッチだそうです。初めて目にする名称です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ク マ  その3

 もう寒くはありませんが、オッサンが随分長く私を見つめていたので疲れました。お腹もペコペコです。こっちを見ているにもかかわらず、何か考えていた風で心ここにあらずの感じでした。そしてまた回れ右。ちょっとスピードを速めて走り去ったので、ま、一安心っていったところです。  角を曲ったのでもう見えませんが、今日は私もよくよくついてない日だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ク マ  その2

 大きな犬だと思った。それに汚れているのかくすんだ黒い毛色だ。これじゃ熊と間違えても仕方ない。なんだ震えてるじゃないか。人が恐いのだろうか。こんなに大きいのに臆病者の野良犬なんだ。ちょっと脅かしてやろうか。いや待て。もしも脅かして逆襲されでもしたら大変だ。窮犬人間に咬みつく、なんて諺もあるくらいだ。違う。窮鼠猫を咬むが本当なのだが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久々に淀川の川辺を歩き、野良犬クマを思い出しました。

向こうに高速道路の工事現場があり、重機がたくさん動いています。 日ごとに景色が変わって、自然が減って行くのでしょうね。 そんなのを見ていてふと思い出したことがあります。 何年か前まで、このあたりに大きな黒い野良犬がいたことを。 大きいくせに臆病者だったので、人を見ると、草藪の中に隠れます。 通り過ぎると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不思議な冷蔵庫 後編

なんとか正月を迎えることができた昭和の時代の古い冷蔵庫。 焼けたお餅を食べるために、醤油を出そうと冷蔵庫の扉を開けた時、 閃いた。氷が小さくなっていくのは、やっぱり氷が昇華しているためだ。 というのも、この冷蔵庫の冷凍室には霜がつかない設計になっている。 冷凍室を開け閉めすると、新しい外気が入ってくる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不思議な冷蔵庫 中編

冷凍室の扉が怪しい。 パタンと閉めて外部との気密性を高めるゴムのような部分が少し剥がれている。 開ける時も、簡単に開く。経年変化などで気密性が劣化しているようだ。 中性洗剤で冷蔵庫本体とゴムの部分を綺麗に拭いて、 ちょっときつく閉めると、次に開ける時、以前よりも開きにくく、気密性が増した感じだ。 これで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不思議な冷蔵庫 前編

我が家には不思議な不思議な冷蔵庫がある。 その冷蔵庫は年代物だ。 たぶんこんな冷蔵庫を今も使っている家庭は、この日本に両手の指を折って数えても、 余ってしまうと確信している。 なにせ35年も経っているのに、ちゃんと冷えて、氷もつくることが出来るからだ。 昔の冷蔵庫なので、冷やすときのコンプレッサーの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2020 5日目・・・北向き地蔵で締めくくり

明日から本格的に始動する2020年。 本日が正月気分の終わりと考え、 人があまり行かない(少ない)北向きのお地蔵様詣でで締めくくりです。 最初の写真は小さな川の横にあるいつものお地蔵様です。 ここのお地蔵さまは、綺麗なよだれかけが掛けてあり、 奇特な方がいらっしゃるものだと感心します。 上の写真は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2020 4日目・・・不思議な神社?

いつもの如く暇な年始め。 ということで、天気も良いこともあり、近くはもとより、ちょっと足を延ばして、うろうろしています。 そんな中で小さな神社を見つけました。 鳥居にかかっている額を見て?マークであり、首をかしげました。 写真の鳥居の額(正式名称は知りません)を拡大して右下に嵌めたのですが、 普通だった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2020 3日目・・・初詣

本日も同じ年賀状です。m(__)m ところで 初詣とは、何か?などと大そうなことを 暇な大好きニャンコは、ちょっとだけ考えて見ました。 今年も動員人数?一番は、やっぱり明治神宮でしょう。 人口が半端でない東京にあるのですから。 次は熱田神宮や成田山新勝寺、住吉大社、伏見稲荷かな? ここで、初…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

祟りかな? スカッスカの糺の森(ただすのもり)

今朝は雨。 元日にのために、ちょっと贅沢な食べ物を買いに行かねばと思うが、これじゃ出るのが嫌になる。 何もすることがないので、屁でもこいて寝ていようか(大阪人の城東区役所 わかるかな、わかんねぇだろうな・松鶴家千とせ 故人) てなわけで、暇を持て余す大好きニャンコは、昨日、下鴨神社へ ブラッと出かけました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウーロン姫

テレビの音楽番組は、 いつも同じメンバーみたいな感じがするのと、 ちょっと難しすぎる?ので見ません。 ぎりぎりで、昔のAKB48くらいまでで、 今のグループはもう理解できない世代に入ってしまいました。 そこで昔懐かしい歌謡曲やフォークソングを聴くのに重宝しているのが YouTubeです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スマホのカメラは凄いようです。

昨年ぐらいから、スマホのカメラ機能が飛躍的に進歩し、 カメラ業界が落ち目になってきているようです。 これまでは単焦点のレンズ1個だったと思いますが、 ワイドと望遠のように2個になったり、 この夏に3個のものが登場したと思ったら、4個のものまで出現。 しかも1億画素を超えるものまで。 大好きニャ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キャベツ1個100円

スーパーで立派なキャベツが1個100円で売ってました。 これは安い。ちょうど買おうと思っていたところなので、 持って帰るのに重い思いをしなければなりませんが、安さには勝てません。 そんなわけでキャベツと豆腐だけをそこのスーパーで買い、 他の食糧は近くの別のスーパーで買ったのです。 別のスーパーでは、12…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ケロリン

関西ではお風呂屋さんと呼ばれていたものが、近頃では銭湯と呼ぶようになってしまいました。 ミンチカツも、関東風にメンチカツと表示される場合が多いようで、 この文章を書いていて、最初民地活と出て来て、メンチカツではそのままカタカナになっていました。 やっぱりメンチカツが主流になっているようです。 けれども、なんで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハートの形で大儲け

心臓は英語でハートでheartだけれど, 心とか感情、愛情なんて意味があるようです。 だからかどうか知らないですが、ハート形のモノはみんな大好きで、 植物や石垣、木の穴なんかがハートの形をしていたら、 何故か写真に撮り、多くの人たちに知らせたがるのです。 そんな傾向は若い人に多いようで、 ハー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

隠し神 第3部 最終回

 どんちゃん騒ぎみたいな婚礼が終わった。数日間は田中屋も臨時休業となった。俺も久しぶりでのんびりした時間を田中屋で過ごすことができた。そんなゆったりした時間を利用して俺はこれから何をするかなどと自分への命題を課して様々なこと考えていた。これからどんな仕事をすれば良いのか、洋子とも相談したが、洋子は自分の会社のことで手がいっぱいで、フ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジージとバーバ・・・昨日の続きのようなものです

表題の言葉は誰だって知っています。 爺さん婆さんが、孫に言わせる呼び名の定番ですが、 こんなの、いつの時代から始まったのでしょうか?全く想像がついません。 けれども、 爺さん婆さんたちは、孫からこのように呼ばれて目を細めているのですから まんざらでもなさそうです。 お爺さん、お婆さんは自分のことを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

凜と蓮

今年生まれた赤ちゃんの名前は、女の子が凜(りんと読む場合が多い)、 男の子は蓮(れん)が一番多かったようです。 漢字一文字の名前が増えているようですが、 あのキラキラネームは少なくなっているようです。 若い夫婦の間では、キラキラネームも多いと思われますが、 昨今の幼児が虐待されて亡くなった事件で、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

隠し神 第3部 No33 次回最終回

 紘子君と樋口刑事が結婚すれば、俺は裕一郎の義兄となる。年下なのに兄だなんて納得がいかない。樋口刑事だって年下の兄ができるのだ。世間ではこんなことも起こりうるけれど、やっぱりしっくりこない。 「ダメ兄ちゃん。洋子お姉ちゃんがいつも言ってるけど、あんまりどうでもよいことを考えない方がいいよ。樋口のおじさんは、さっぱりしているし、猪突…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

隠し神 第3部 No32

「私は奇ッ怪島への旅行のとき、ヨッチャンに教えてもらったの。お父さんの書斎にある千手観音のこともよ。父さんや母さんは娘の私達が元気で幸せでいてほしいだけなの。そのために神様の手助けをしているだけ。これが分かったから、すぐに元締もわかったよ」 「そうだったのか。でもどうして洋子がお嬢なんだ。洋子が総理大臣より上だなんて、傑作だよな」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヌーヴォー

木曜日はボジョレー・ヌーヴォーの解禁日だと思います。 世界の中で日本が一番早くボジョレー産の今年醸造された新しいワインを飲むことができるのです。 と、通のように言うのですが、 普段は安物の第3のビールか、安い日本酒を飲むくらいで、 ワインなんて年に1度か2度飲んだらお終いです。 ヌーヴォーは何もボジョレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石清水八幡宮周辺を歩きました

先月から京阪の駅名が2つ変更になりました。 京都市伏見区の深草駅が龍谷大前深草に、 八幡市駅が石清水八幡宮となったのですが、 どちらも駅名が長すぎる。以前のままでも不自由はないのに。 観光客のためかな。 そんなこんなで石清水八幡宮のあたりを歩いて見ました。 神社周辺は変わったところはありませんが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山口県周南市の野良犬

野良猫や野良犬は全国的に減っているのに、 何故か周南市の公園では増える一方らしいです。 映像を見ていると、エサやりをするひとが何人かいて、 ネット上では、野良犬を守るためにエサの寄付を募っているようです。 これは命を大切にとのことで、その趣旨には賛同したいのですが、 ただエサをやり、命を長らえさせるだけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

隠し神 第3部 No31

 風呂に入り紋付袴に着替えて高砂の席についた。どうして高砂なのだろうか。縁起の良い意味らしいが、俺らの世代ではよくわからない。 「阿呆なことをまた考えているな、ダメ男。席についたなら、前を見ろ。結婚式を祝うために神や友人が大勢集まってくれたのだ。お礼の一つくらい言ったらどうだ」  イデレブラがあっけにとられている俺をたしなめる。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポイント

スーパーで支払いをしようと列に並んでいたら、 前の女性客がカード支払いをしていました。 カードを出すとき、財布が見えました。なに、これ?と思ったのです。 長財布の両側にカードがいっぱい。たぶん40枚以上はあったでしょうか。 このカードの多くが使用すればポイントが貯まるのではないかと思われます。 100円…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

隠し神 第3部 No30 あと4回くらいで終わりです。

 俺がどうして生きて戻ることができた、って? 信じられないだろうが、こうやって生きて戻ってきた。簡単なことだよ。四階層上の世界へ降り立ったのはヘルヘイトだけで、俺は境界の家と同じように時間の狭間のなかにいたのだから。  ヘルヘイトは上位の世界から操っていても下位の影響を受けると思っていたようだが、元々その世界へ降り立っていなかった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

隠し神 第3部 No.29

 針金のように細い俺の分身は宝石珊瑚を掴んだ。しかしすぐに離すはめになってしまった。凄い熱が伝わってきた。 『馬鹿め。お前が宝石珊瑚に目をつけたことくらいお見通しだ。針金のような右腕が無くなったぞ。次は全部溶けてしまい、上の階層の実体もやがて消失する。もう私に手出しは出来ぬ』  得意げにヘルヘイト言った。が、次にウワァーという大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more