履正社の生徒は、大人の顔

19 r12002.JPG
昨日、履正社が夏の甲子園で優勝しましたが、

試合が行われる3時間くらい前、

電車にサッカー部の生徒が2人、乗ってきました。

応援するため、甲子園に駆けつける途中だったのかも知れません。

2人とも顔は真っ黒。やっぱりスマホを持っているのですが、

話しをしています。

その顔をよーく見ると、

大人の顔です。

いわゆる高校生いらしい、という顔でもありません。

大学生という顔でもありません。

成人して働いている顔なのです。

高校野球で顔がアップで映されると、大人っぽい顔の球児が多いこのごろ。

他のスポーツでも、この傾向は同じようです。

高校生は、もう子供ではないことを改めて認識せせられました。

ヘンな人が増殖中です。

19 r12002.JPG
あの常磐道でのあおりと暴力事件。

テレビを見ていて、つくづく近頃人間自体が何かのとてつもないウィルスに身体が侵略され、

前時代(平成)中期までは想像すらしていなかったことが、

まるでフィクションのように起こるのだから、たまったものじゃない。

クルマの修理の間の代車が新車というのも、凄いと思うが、

期限内に返却されなくても、そのままにしているディーラーもディーラーだ。

何かにつけ、他人事のように無責任な仕事をしている人のなんと多いことか。

いつもグチってるeスポーツだが、

いま、ゲーム依存症の中高大生が増殖している。

テレビで紹介されていた青年は、1日20時間もPCに向かい、寝ることも忘れてゲームをするなんて・・・

さすがに病気だと思い、医者の助言でいまは回復にむかっていて、

ようやく家の外にでることができた、と・・・

ゲームばっかりしていたときに順位が全国2位になったとか。

そんな青少年がeスポーツの選手になれるようで、

eスポーツなどと呼ぶこと自体、社会が狂い始めている前兆だ。

エボラのような新種の毒性の強いウィルスが脳を蝕んでいて、

他人が敵にしか見えなくなり、暴力が蔓延する時代に突入したのかも。

近ごろ見なくなったモノ

今週残りは、この写真を使います。夏場はニャン写真がないからです。
19 r12002.JPG
農地が潰され、宅地や配送センターみたいな建物が建ったりして

街の風景は年々変わりますが、

川が近くにあるせいで、少し緑が残っています。

こんな暑い夏でも、夕方になればコウモリが飛び回っているのは、

良いことか悪いことか?

けれども環境の変化は近頃著しい感じがします。

まず、蚊が少なくなったことです。

さすがに陽が落ちたら飛んできますが、

ブーンというあの独特な羽音はありません。

部屋に入って来ても、15分くらい蚊取り線香を燃やせば、大丈夫です。

蚊よりも少なくなったのは、蛾です。

大好きニャンコは蛾が大嫌いです。特にアメリカシロヒトリは見るだけでも寒イボ(鳥肌)に

なってしまいます。

こいつは夜になると街灯や階段の蛍光灯めがけて飛んできます。

でも最近、見なくなりました。

街灯や階段の灯がLEDになったからかも知れません。

LEDは昆虫の目に見えないのか、反応しずらいと何かの本で読んだことがあります。

どちらにしろ、虫たちの受難の時代であることは事実です。

喜んでいいのやら悪いのやら。

隠し神 第3部 No.19

1907新隠し神.jpg
 大きなゼスチャーで速さを表現して、スピードを出して俺は体当たりを試みた。衝撃は何も感じなかった。モニターで外をみた。何も変っていない。巨人はそのまま突っ立っている。もう一度試してみることにした。大きく手を振ってスピードを上げようとした時に頭の奥に痛みが走った。俺はそのままの格好でいると、ウリボーの声が聞こえて来た。
「ダメ男、ダメだよ。当たっちゃ僕が壊れてしまう。ダメ男には見えないと思うけど、さっきの衝突でこの巨人はヒビだらけになっているんだ。次に観音様が衝突したら完全に壊れてしまい、僕も死んじゃうんだ。早く本体の変な物を捕まえて、この巨人の中から僕を救出して欲しいんだ」
 ウリボーの切羽詰まった声だ。巨人に衝突するのを寸前で止め、急旋回して巨人から離れた。するとどうだろう。巨人のひび割れた姿が現れた瞬間、赤銅色に変り、こっちへ手を伸ばし、捕まえようとする。
「ダメ男、こいつの弱点は塩水なんだ。海の中に潜って足のところに当たれば、そこから海水が侵入するんだ。あの時と同じだよ。そうすれば倒れて赤銅色の巨人はバラバラになるから」
「海水の中にいるのに塩水が弱点だなんておかしいじゃないか」
「おかしくてもそうなんだから仕方ないよ。変な物をヘラでつっ突いていた時もダメ男は溺れなかっただろ。こいつもあの時の状態にあるんだ。バリアをとれば、悪い神の思念というか残滓の巨人も壊れてしまうはずだよ」
 やっぱり悪い神の名残りがこの巨人をつくり出したのか。いつまでも人に迷惑をかける悪い神だ。ウリボーはもとより中で寝ているのか避難しているのか分からないが、神たちを早く救わなければならないことだけは確かなようだ。
 けれども千手観音は海に潜ることができるのだろうか。次元を越えることができるのだから、潜水艦になってもどうってことはないけれど、海へ潜るに下を向いて、潜るゼスチュアで良いのだろうか。そこのところは義父に教えてもらっていないが、まぁ、そんなところではないだろうか。
 俺は下を向いて平泳ぎで潜る格好をしてみた。間髪を入れず千手観音は猛スピードで海面に垂直に突進した。カワセミが獲物を捕るときの感じだが、千手観音に乗っている俺には何の衝撃も感じなかった。
 海の中に入っても底は見えない。
 海面から随分潜っているようだが、まだ海底に着かない。海溝から生えてきているのが赤銅色になった巨人なのか。
 外の眺めがゆっくりになった。潜るスピードが落ちた。深海魚がこっちを見ている。もうすぐ海底のようだ。巨人の足は大きいようにも見えるが細いのかも知れない。比べる対象がないので分からない。

「ウリボー、海底に着いた。この足を壊せばいいんだな」
 俺は尋ねたが、何も言葉は返ってこない。深海まではウリボーの能力は及ばないのか、それとも巨人の中にいてダメージが増しているのかも知れない。早くしなければならない不安が増してきた。
 俺はもう先のことを考えずに巨人の足下に体当たりをくらわした。千手観音にショックはなかった。足にあたり突き抜けたと思ったが、そこに巨人の足はなかった。
「ダメ男、気をつけろ。巨人のキックが来るぞ。いくら高水圧に耐えることのできる千手観音でもこいつのキックにはかなわないぞ。早く逃げろ」
 義父の声だ。家から一人で出発した時からずっと俺を見守っていてくれたのだ。
「危ない」
 キックが飛んで来た。かろうじてかわすことができたが、グルングルン回って飛ばされた。
「巨人の破壊力に気をつけろ。第二弾が飛んで来るぞ」
 すぐに避けることができるように、俺は身構えた。
『フ、フ、フ。ダメ男。三階層上の世界とは違うだろ。ここは深海だ。宇宙よりも手強いぞ。フ、フ、フ』
 元締と洋子たちにより消滅したはずのヘルヘイトの声だ。この世界に戻ってきたのだろうか。そんなはずはない。本体は絶対に消滅している。変な物だってヘラでこそげ取ることのできるくらいの大きさだった。こんなにでかい巨人に変身できるはずがない。どこかにカラクリがあるはずだ。

近ごろ言われなくなったこと???(見なくなったモノは、明後日に)

19 r12009.JPG
お盆の休みは昨日までで、本格的な仕事の始動は今日からだと思いますが、

高校野球を見ていると、3時ごろに高温注意の情報が流れます。

近畿各地で猛暑日の地点を、高い順から教えてくれます。

こんなのを見ていて、???と思ったことがあります。

以前は夏休み期間に冷房による電力需要が逼迫するので、

電気の使用を控えるような案内があったのに、

近ごろは熱中症にならないために、冷房を使用してください、と

ニュースや天気予報で訴えています。

と言うことは、

こんなクソ暑い夏場を乗り切るために、エアコンをずっとつけていても、

電力は十分に供給出来る、ってことです。

それなら、現在稼働している原子力発電を止めたとしても、

なんとかなりそうな感じです。

本当の電力供給量がどれくらい必要なのか、洗いなおせば、原発は不要になるかも知れません。

廃炉にするにもとてつもないお金がかかりそうですが、

緊急用に数基だけ残し、あとは撤去する方が賢明かも知れません

これから香港はどうなるのでしょうか。心配です。

19 r12015.JPG
中国本土へ犯罪容疑者を引き渡す条例案に反対して、

若者たちによるデモなどが頻繁に行われ、

中国政府が、近々軍隊による武装警察を突入さす雰囲気です。

そうです。30年前の天安門事件と同じことが再び起こるかも知れない状況です。

あと20年ほど待てば、名実ともに、現中国政府が自由な統治ができるのに、

何故今、香港の人たちの行動を封じ込めようとしているのでしょうか。

そこには独裁国ならではの論理があるようです。

つまり独裁者に刃向かう者は1人たりとも許さないということです。

この典型が北朝鮮の黒電話の受話器のような頭のブタと同じで、

身内であろうと、少しでも文句を言う者には高射砲で体をバラバラにするという残酷さです。

だから無表情の習近平も、独裁者としてあと何年やれるかだけを考えているようで、

少しでも長く独裁者であるため、国民の命など、屁とも思っていないのです。

国際的な取り決めを履行して香港を中国に返還したイギリスではありますが、

住人はイギリス領のままの方が幸せでだと思っていることは確かで、

今後香港は衰退していくかも知れないのです。

こんなことを言ってはなんですが・・・

19 r12006.JPG
8月はお盆だし、終戦の日や原爆の日など、

戦争にまつわる話題が多くなるのは仕方がないことですが、

なぜか戦争関連の映画がつくられたり、戦争へ向かわせた軍人のことなどが特集され、

その子孫などにインタビューしたりします。

原爆や空襲で命を失った人のことより当時の資料などが多く残っているからでしょうか。

戦争の犠牲者は広島、長崎、沖縄、そして各地の空襲などで亡くなられた方すべてに対して

平等であるべきなのに、一部の人達をデフォルメするような形は好きではありません。

近ごろ、有名人の息子や娘であるというだけで、テレビに取り上げられたり、

俳優の出自を何代も遡って調べて番組にするなんてことも増えています。

もしもご先祖の誰かが犯罪者であったなら、途中で番組制作を止めるのでしょうか?

こんなことを言ってること自体が80年前は非国民だったのでしょうね。

ひょっとして今も・・・・・

カラス

野の花.jpg

台風10号は2日にわたり強風をもたらし、

部屋の中は砂や小さな飛来物で、足の裏を黒くしてくれます。

こんな風の強い中でも、元気なのがカラスです。

昨日の朝5時、風でガラス戸も開け閉めがしにくい状態なのに、

カラスが飛び回っているのです。

1羽だけではありません。3羽があっちへ行ったりこっちへ来たり。

雨が降っていてもお構いなしです。

カラスにはカラスの事情があるようです。

飛び回ってしばらくすると3羽でどこかへ飛んで行きました。

そして7時ごろ、今度はセミが鳴きだしました。

風が強くても、短い一生のセミは、

子孫を残すために、あらん限り鳴いているのでしょうか?

※※※
台風がなかなか上陸せず、やきもきしている午後6時半。

空はどんより曇っています。もうすぐ降り出しそうですが、

そんな状況で、カラスが5羽、電柱と電線にとまり、ずっと同じ姿勢のままです。

もうすぐ暗くなり見えなくなるだろうと思っていたら、あと1羽が飛来。

計6羽でじっとしています。15分もその状態のままです。

人間にはじっとしているように見えますが、

カラスたちは深刻な話をしていたのかも知れません。

カラスの話の内容がわかれば楽しいかもね。

台風に備えて

今日は終戦の日。けれども台風が怖い!

19 r12013.JPG

昨年の台風21号は、台風の恐ろしさを身をもって実感しました。

報道でも、自動車がまるでオモチャのようにころがぅているのを目にしたし、

タンカーが橋に当たれば、あんなにもずれてしまうことを教えてくれました。

だから今西日本に上陸しようとしている10号の被害がなるべくないように祈るばかりです。

今日もまだお盆で、多くの人々は休暇といったところですが、

一昨日、ずっと仕事をされている建設現場のおじさんを発見しました。

建物はまだ骨組みを作っている最中なのですが、その周りは防音のためにシートで覆っています。

このシートが風で飛んだりしたら大変だと思ったのでしょう。

風の通りそうなところのシートを外し、丸めて、地面に固定して、飛ばないようにしています。

数人ですれば早く終えることができるけれど、

せっかくの休暇に仕事をさすのはかわいそうと思ったのかも知れません。

結局朝から夕方まで一人で仕事をしていました。

万が一を想定して、手当をしていたようです。

これこそプロフェッショナルであります。

アベさんは、ずっと総理大臣をするのでは・・・

19 r12001.JPG
N国党の党首がなりふり構わず人集めをしているのを見ていて、

現在の政権の基盤がどこにあるか教えてくれた気がします。

あの元維新の衆議院議員がN国党に入ったのが

2000万円以上の政党助成金がそのまま貰えるからという理由らしいです。

と言うことは、アベさんの党は数百億円の何に使っても良い政党助成金があるのだから、

「ハイ、君には今度の選挙に当選すれば3億円あげよう」なんてことになれば、

誰だって尾を振ってついて行くでしょう。

あの大阪府知事が夏のボーナスを寄付しようが、ドブに捨てようが、

政党のナンバー2のようなものですから、それ以上のお金を自由にできるはず。

だから何があっても辞められません、というものです。

あんな胡散臭い党でも、凄いお金を貯め込んでいるでしょう。

ましてやアベさんの党は、超大政党です。

お金になびかない議員さんはいないでしょう。

だからか、憲法を変えようと本格的に動くようです。

1昨日、「かくて 自由 は死せり」という番組がNHKスペシャルでありました。

自由を謳歌しようとしていた大正デモクラシーが、一転、

暗殺とテロにより戦争への道を歩む過程を知ることが出来ました。

昭和維新とも呼ばれた昭和初期と同じような構図が現在、現れつつあります。

隠し神 第3部 No.18

1907新隠し神.jpg
※ ※ 前回は7月30日でした。その続きです。

 ボケーッと外を眺めているときにふと疑問が湧いてきた。こうやって時空を翔る千手観音に乗っているが、どうして洋子のお父さんが千手観音を飛ばすことができるのか、不思議だ。歴史的には境界の家に関係していたと思われる田中家だが、神様ではない。連綿と続く旅館の主人でしかないのだ。
「そういったことはまたの機会に話しましょう。ダメ男君は千手観音を使ってウリボーを助けること、つまり神様の揺りかごをいち早く救出することなのです。じゃ、今からダメ男君に飛ばしてもらおうかな」
 義父は後ろへ下がった。俺は前に立ち白毫のあたりの内側をコチョコチョと撫でてから、上を向いたり手で右や左を指さしたりして千手観音を飛ばした。
 カクカクした動きになると思っていたが、滑らかで気持ちよく飛ばすことができた。
「さすがだね、ダメ男君。要領は分かったみたいだから、大丈夫だ。じゃ、そろそろ帰ろうか」
 義父は言うが、俺はこのまま南の海へ行ってウリボーや揺りかごを救出した方が手っ取り早いと思った。それで勝手に南へ飛ばそうとして、さっき行なった方法で、白毫のところをこそばし、ウリボーのいる海域を思い浮かべ手で表現した。しかし、いくら手振りや身ぶりで頑張って飛ばそうとしても千手観音は空中で静止したままで、一ミリたりとも動かない。
 俺は振り向いた。義父はニタッと笑ってから元の柔和な顔になり、目を瞑った。
 勝手に別な所へ行こうとしても言うことを聞かないのが観音様の宇宙船なのだろうか。義父は教えてくれそうにもない。仕方ないから自宅へ帰ることにした。
 庭に到着したら千手観音は勝手に小さくなり、俺達を放り出す形になった。
「あら、割合早く帰れたわね。この人の操縦の腕はどうだった、父さん」
「ダメ男君はすぐに自分の考えを実行に移そうとするクセがあるね。ちょっとおっちょこちょいだけど、それだけ判断力があるということだよ。だから神様に選ばれたのかも知れないが、私を乗せて助けに行こうとするんだからビックリしたよ」
「ダメ男さんて、あなたの若い時と似ているわね。やっぱり洋子が選んだだけのことはあるわ。紘子にももうすぐダメ男さんみたいな良い男性を見つけてあげなきゃ。ね、お父さん」
「また始まった。いつになったら紘子のお婿さんを連れてくるの。私も待ち遠しいわ」
 田中家の内輪の話になってしまった。一人で助けに行かなければならないから、この話には加わらず、もう一度千手観音を飛ばす練習をしようと庭の真ん中へ置いた。すると観音様はまた勝手に巨大化した。
 俺は義父と練習した時と同じように白毫のあたりを撫で、顔を天井に向けた。
 飛ぶはずの観音様は静かなままだ。何か手順を飛ばしたのかもしれないと思い、義父と練習した時のことを思い浮かべた。もう一度外へ出てみようとしたが、ドアが開かない。
 目の部分のモニターを見ると前方に桜島が迫ってきている。このままじゃ火口付近に当りそうだ。俺は両手と上半身をフルに使い千手観音のコースを左へとった。何とか避けて桜島を行き過ごし、硫黄島を通過した。左手に屋久島が見える。こんなに速く、しかも正確に奄美方面へ飛んでいるのはどうしてだろうか。義父がコース設定でもしておいたのだろうか。不思議だ。
 前方に見たことのある大きな形の影が迫って来た。衝突する寸前に揺れることもなく千手観音ま止まった。あの人の形になった変な物が変身した巨人だ。しかし、巨人はただ突っ立っているだけで、動かない。右手は高く天を掴もうとしている感じだ。あ、ここは巨人から逃げたとろじゃないか。全く同じところにこの巨人は突っ立ったままでいたのか。
 俺は千手観音を上方へ飛行させた。巨人の右手の先端は俺を掴もうとしたかっこうのまま止まっている。こんなに近くで観察しているが、巨人は動こうとしない。まるでハリボテみたいで、中身が抜けてしまってるように感じられる。
 そう思ったからには、俺は観音様をハリボテに衝突させることにした。これだけ速く飛ぶことも次元を翔ることのできる千手観音だから少々のことでは壊れることはない。

体温36.9度、気温37.9度

1908はやぶさ.JPG
暑いので散歩もできず、

部屋に引きこもっているような状況が続いています。

高校野球を見ていたら、高温注意報が出てきました。

大阪で、たぶん一番暑い地域なので、またか、と思いながら見ていると

37.9度となっています。

それじゃこの部屋はそれ以上の温度に違いない、と思っても

温度計はありません。

そこで思いついたのが体温計。

ONにして、しばらくして見ていたのですが、一向に数字が表示されません。

仕方なく舌の裏で測ってみると36.9度もあったのです。

これじゃ危ないと思い、冷たいシャワーを浴び、再び測ると36.7度でした。

エアコンをつけてしばらくしてから測ると、平熱の36.0度に戻り一安心です。

エアコンは一日中付けておいたら、電気代が気になるし、

それこそ、一歩も部屋から出ることができなくなる恐れがあります。

少々高温であっても、風があるのとないのとでは大違い。

だから我が家ではエアコンより扇風機がフル稼働している今年の夏なのであります。

ただボケッとしているだけなら、扇風機で十分。

体温の上昇には気をつけろ!です。

引き出しの奥はタイムマシン

1908引き出し.JPG
何故か8月と12月は、大掃除みたいな感じで、

机周りや、その他、なかなか見ることのない箱の中などを整理するのが

年中行事のようになっています。

以前に缶の中から小学校から使っていた鉛筆が沢山出てきたことがありますが、

今回も、ヘンなモノが見つかりました。

1つは頭がプッツンするまで喫っていたタバコのピースライト。

中には10数本が残っていました。賞味期限を見ると23年3月で、

たぶんその2年以上前に買ったものと思われます。

10年も経てばどのような味か知りたいと思いましたが、

もう煙だけでも拒否反応を起こす身体になっているので、

写真を撮ったあと、ゴミ箱に捨てました。

タバコの横にあるのは資生堂アウスレーゼのアフターシェーブローションです。

今でも生産されているのかどうか分かりませんが、

使った記憶がないし、中身もほとんど残っていたのです。

瓶の後ろに価格が600円とあり、買ってからそのまま引き出しの奥で眠っていた感じです。

開けてみると、シェーブローションの匂いが漂ってきました。

まだ使えるのかなぁ?

振り込みます。口座教えてください。

1908はな19」.JPG
近ごろタイトルのようなメールが頻繁に届きます。

誰だか分かりませんが、お金を振り込んでくれるなら、遠慮なく振り込んでもらいたいのですが、

その差出人が、何言う私、大好きニャンコなのであります。

数年前にメールの暗証番号が乗っ取られたことがあり、

その名残が今も続いているようなのです。

もしも振り込みます、のメールを開いたら、どうなるのか、

知りたくもあり、けれども怖いのです。

たぶん「会員登録ありがとうございます」などと表示ざれ、期限までに支払わなければ裁判沙汰、

なんてことが書いてあるのでしょう。

だから即ゴミ箱行きなのですが、

オレオレ詐欺、わたしわたし詐欺と同じような反社(なぜか最近よく使われる)の悪い人間が

日夜メールをしているのでしょうね。(自動的に送信される)

魚釣りと同じように、引っかかる人間を待っている悪人たち、

そんなことをするより、汗水たらして働く方が、精神的にも肉体的にも

気持ち良いはずなのに・・・

ま、人口の半分くらいは、悪人だと思っていた方が、

安心して生きられるかも知れません。

長崎原爆の日

1908はな2.JPG
ヒロシマの原爆の日に参加した、どこかの市長が、

夜中に一人でスナックで飲み、

お金を払わずに店を出て、おまけにお店のホステスを殴り逮捕されたようです。

原爆の犠牲者を心から弔う気持ちなんて、

爪の先ほどもなく、ただ公費で広島に出張しただけのこと。

そんなのが自治体のトップであるのが、バカげているのですが、

近ごろこんな首長や議員が多くなっているのは、嘆かわしいことです。

一人の議員がフリーのタレントアナウンサーと結婚することになり、

日本中のテレビ局はこぞって結婚・妊娠報道をしていましたが、

寄って集って偶像を作り上げるマスコミの方向を端的に表しています。

そのオヤジの元首相が○○をぶっ潰すとまで言った郵政改革。

その現実は利用者に損害を与えたり不正をしたり。

決してまともではありません。

そして膨大な派遣社員を作り出した大元でもありました。

今日は長崎原爆の日。そして来週は終戦記念日。

そろそろ軍備にお金をかけるのを止めにしましょうよ。

辺野古に2兆円、秋田と山口のイージスアショアに2兆円。

北朝鮮のミサイルを撃ち落とすことなんて、まず無理みたい。

そのお金を世界中の飢餓克服のために使ってはどうでしょうか?

映画「ひろしま」

1905ねこ2.JPG
昨日の朝のニュースで、映画「ひろしま」があることを初めて知りました。

広島市民が8万8千人も参加して、1953年に制作されたけれど、

当時アメリカに忖度した配給会社が上映を拒否、細々と名画座などで上映されていたとのこと。

いつものように調べてみると、

1955年のベルリン映画祭で長編映画賞を受賞していました。

そんな「ひろしま」が60年以上、多くの一般の人達に知られなかったのはどうしてなのか、

不思議に思います。

明日は長崎原爆の日。いま一度戦争とは何か、

核兵器廃絶のために何をすればよいか、考える良い機会だと思うのですが。

なお17日(16日深夜)にEテレで放送される予定です。

植物園の温室

公共の植物園は他の公共施設に比べ、

入場料も安く、しかも1日中楽しむことが出来るので、

暇つぶしにはもってこいの場所です。

大好きニャンコは、京都府立植物園に時おり行きます。

広い園内を歩くだけでも、かなりのエネルギー消費量です。

そんな府立植物園ですが、

先日、はじめて温室に入りました。
1907b03.JPG
多くは暖かい地域の植物の展示で、

1本道を行くと温室の中全体を見学できるようになっています。

大阪にもいくつか植物園がありますが、

毎月行くところは 咲くやこの花館 です。

1907さくや.JPG
ここの年間パスを持っているので、ブログに載せる花が無くなってきたら出かけます。

夏休みの今、人気なのが高山植物のエリアだそうで、

20度くらいに設定してあり、涼を求める人は、しばらく花を見ながら汗の引くのを待つそうです。

ちなみに京都府立植物園は入園料200円、温室200円。

咲くやこの花館の入館料は500円。

広島原爆の日  大国のトップは、世界平和が大嫌い。

ニャンコ836.jpg
すべての戦争の犠牲者に黙とうを!


トランプは、世界中に戦争の種を蒔きちらしています。

プーチンは反対勢力が力を持たないように、市民を弾圧しています。

習近平は世界の王になるため、あらゆる悪の知識を総動員して、

中華思想をゴリ押しで浸透さそうと躍起です。

生きている間に世界を平和にしたい、と思う者は、誰一人いないようです。

トランプなどは、老い先も短いくせに、次の大統領選で再選するために、

なりふり構わず世界を混乱に陥れる張本人であるのに、アメリカ国民の一部は拍手喝采。

本来は世界平和を願うキリスト教福音派やユダヤ教がどうしてトランプを推すのか、

全く理解できません。

プーチンや習近平は失脚すれば、重罪が待っているため、何が何でもトップにしがみつきたい、

そのために国民や世界の国々が不幸になっても構わないと思っているエゴイズムの塊であるようです。

そんなワルに擦り寄り、良い目を見たい奴。つまり政府中枢の人間がまともでないのであります。

こんな状態で核兵器削減。ましてや廃絶など、夢のまた夢。

アベよ、トランプに胡麻ばかり擂っていないで、

兵器を極力使わない防衛方法を考えろ。

先頭車両

1907電車.JPG
電車を利用して、初めての地へ向かう時、

出発日時、あるいは到着日時や駅名を打ち込むと、

所要時間はもちろん、料金、乗り換えの駅のホームの位置まで知らせてくれます。

便利ですが、初めての路線だったら、

やっぱり先頭車両に乗ってしまいます。

通勤ではないので、沿線の風景も知りたいと思うからです。

そんな先頭車両には、子ども連れが多く、

子どもは運転手と同じように、じっと前方を見ていて、

いつの時代もこの光景は変わらないと、なぜか納得してしまいます。

本日の写真は、大阪環状線桜ノ宮駅から天満方面を運転席後方からみた風景です。

平日だったので、インバウンドが多く乗車していましたが、

だれも風景など見ていません。

ほとんどがスマホを見ています。

何をしに日本へ来たのだろうか?

※ ※ ※

明日は広島原爆の日、そして9日は長崎原爆の日です。

戦禍を悼み、隠し神はお休みいたします。

そして、大好きニャンコの独り言を載せます。

蚊が少ない今年の夏

1907らん.JPG
梅雨が長くて雨が少なかったためか、

連日の猛暑のためか、開けっ放しにしていても、蚊が入ってくることが少なくなりました。

昨日は掃除の後、網戸にしなくては、と思っていたのですが、

暑さのために別の部屋で涼んでいたので、

すっかり忘れてしまい、

朝までそのままにしてあったのです。

それなのに、蚊に刺されることもなく、

これって奇跡だ!と感心してしまいます。

気温が38℃にもなるようでは、蚊も飛び回ることができないようで、

その余韻と言うか、夜中の10時になっても30℃もあるのですから、

人間もかないません。

夕方散歩していても、あの小さな虫が固まって人間にまとわりついてくるウンカも少ないみたいです。

虫は少なくても、今年は暑さが厳しすぎます。

毎年こんなグチを言ってるのですが、その酷さは うなぎ上り。

もう日本は亜熱帯になってしまったようです。

1日に何回水を浴びるやら。