河井夫婦の金のばらまきで感じたこと

2006はな02.JPG
前法務大臣とその妻の参議院議員の2人が逮捕された事件では、

各方面に波紋が広がっているようですが、

ワイドショーなどを見ていると、

自民党本部が選挙資金として出した1億5千万円のお金が

買収に使われているとかいないとか。

自民党の周囲は否定していますが、各ワイドショーのメインキャスターが言うには、

そのお金も税金だから、使い道をはっきりしろ、などと言います。

このお金はたぶん政党助成金のことだと思われますが、

使い方は自由なはず。それが買収のために使われようが、

ご飯を食べようが勝手ですが、どのように使っても良いお金を税金から出費すること自体、

合理的ではありません。

政党助成金が政党の金庫番のようなやからが牛耳っているため、

好き勝手ばかりしている総理大臣も、責任を取らない厚顔無恥がまかり通っているようです。

それにしてもお金をもらった94人。全員公職から即辞するべきです。

一年経って、明るみに出たら、いろいろ理由をつけて自分は悪くないそぶりをするなんて、

人の上に立つ人間として失格だ!

そして検察も、お金をもらった奴らを、すべて逮捕すればいいのに、

結局河井夫妻と秘書だけが格子の中に入るのか?

裁判は最高裁まで行くだろうから、そのころには国民は忘却の彼方だ。

"河井夫婦の金のばらまきで感じたこと" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント