やっぱり隠されていた新型コロナウィルスの症状

2002とり3.JPG
阪神タイガースの藤浪晋太郎投手と長坂拳弥捕手、伊藤隼太外野手が

新型コロナウイルスに感染していたことが分かりましたが、

藤浪は、味覚や嗅覚がなくなり、病院で診断を2回受け、そしてPCR検査をして

陽性だと判明したようです。

この嗅覚と味覚については、諸外国では以前から取りざたされていたのに、

今回、ようやく日本のテレビなどで取り上げられるようになりましたが、

それが全感染者に共通していることではないと、専門医は言うのですが・・・

WHOも日本政府も、やっぱり隠していたんだ、と大好きニャンコは確信しました。

嗅覚や味覚を感じなくなればコロナに感染だ、となると

検査を受ける人が多くなって、パニックになるのを避けたかったという見方も出てきます。

それでいてオーバーシュートは避けたい自治体のトップたち。

嗅覚と味覚異常が新型コロナ感染の特長の1つだと最初から発表しておけば良かったのに。

へんな言い方ですが、藤浪が言ってくれたことで、

感染者の早期発見に繋がればいいのですが。

しかし

もっともっと隠していることがあると、大好きニャンコは思うのであります。

緊急事態宣言を全国に発令し、完全に人の往来を止めろ、という感染症の有識者が言います。

言うのは勝手ですが、国の機能が崩壊寸前になるのを知ってて言ってるのか、

あまりにも無責任で、元々無責任な大好きニャンコとは立場が月とスッポンくらいの差があるのに。

国民に自由を与えたくない人なのでしょうか?

近々、習近平とアベさんが、新型コロナウイルスで意見交換をするようですが、

日本も中国のように監視社会にするのが目的かも。

"やっぱり隠されていた新型コロナウィルスの症状" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント