沈没した船を、一般には見せたくないのかな?

220108たま1.JPG

KAZU Ⅰの船体が陸揚げされ、亡くなられた家族の遺族が船内を見ることができたそうですが、

どうして一般の目には見せないようにするのか、分かりません。

船内には亡くなった方はいなくて、遺留品などがあるからでしょうが、

沈没した原因なんて、よほどのことがない限り、私たちにはわかりません。

けれどもおおよそのことは想像がつくし、ブルーシートでああまで隠す必要がどこにあるのか、

不思議でなりません。

部外者がどうのこうのと言うのを恐れているのでしょうか。

交通事故などで、乗車していた人が亡くなったなら、その人を見せないようにするのは分かります。

ウクライナの戦争で殺された人の映像を映さないのもわかります。

けれども、壊れたビルや、破壊されたクルマはそのまま映っています。

倫理的な面で、映像に規制がかかることくらい、理解できますが、

すべて捜索した後の船を見られるのは、いつ頃になるのでしょうか。

ひょっとしたら、これから始まるであろう、裁判なども考慮され、

結局、早くて1年先くらいだったりして。

これじゃ、だれのための報道か、何のための報道か分からなくなってしまいます。

ワイドショーなどでは、事件に関することを、

あらゆる方向から掘り下げてゆくのですが、

いつも肝心のところで、ハイ終わりです。

視聴している人に消化不良を行わせるための報道って、ちょっと狡いような気がします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント