自殺防止相談をLINEで受け付ける不思議?

210205あお1.JPG

コロナ禍による様々な弊害が出ていて、

自殺者が増えていることは、このブログでも書きましたが、

面と向かって相談するより、LINEでする方が、気が楽だろうと、

LINE専用の窓口が設けられているようです。

電話などでは話しにくくても、LINEなら話す、というか相談できるので、

若い人向けだとの声も。

中にはお金が1円もなく、最悪のことを考えている人が、なんとか公的手段により

生き延びることができた例が取り上げられていました。

これを見て、良かった、と思う反面???が頭をよぎりました。

LINEができるということは、ちゃんとスマホがあったり、

パソコンでSNSに繋がっていることを示しています。

お金がない、そんな状態でもスマホが使えるってことが、

LINEをしていない大好きニャンコには理解できないのであります。

コロナ対策で大阪府ではLINEを使って、どうたらこうたら、と、

あの知事が話していた記憶があります。

NPO団体ならまだしも、公の機関さえLINEを利用してくれ、と言ってるのです。

そんなのに関心がない人は、今の世の中から置いてけぼりになっても、

スマホやPCを持たない人は仕方がない、とでも言いたげです。

日本のスマホ利用者の殆どがLINEを利用しているのでしょうが、

持たない人は、公の支援も受けられないシステムって、どうなのでしょうか?

今度のワクチン接種と同じように、国民みんなに、公の情報だけを受信できるスマホのようなものを

無償で持つことが出来れば良いと思うのですが、

特定企業に肩入れする現在の政府じゃ、だれもそんなことは考えないみたいですね。

あ、思い出した。

大阪ではワクチン接種の予約を、LINEを活用した予約システムを構築するとかしないとか。

スマホがなければコロナに感染する世の中が・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント