感染者減少は知事のお陰?

2008追加3.JPG

このところコロナの感染者数が減少しています。

この傾向が続くと来月末あたりには、0になるかも。

たいへん喜ばしいことです。でも、感染者数が減ると困る人も出てくるから不思議です。

大都市を抱える知事たちです。出番が少なくなり、影響力が低下するからです。

いろんな選挙のようなことをしようとする人たちも。

例えば今話題の大阪市を解体する説明会の実施回数が増えることなんて、

もってのほかなのです。なるべく中身がわからないうちに実施して勝利をおさめたいのです。

香港の選挙が1年延期されたように、

権力者たちは、自分勝手な方向を目指すために、コロナを利用します。

自民党総裁選も立会演説会はなし。

菅さんに決まったようなものだから、しなくても良いけれど、

より多くの人の意見を聴く事も大切です。

それが分かっていても阻止できないもどかしさ。

こんな風にして民主主義は壊れて行くのかも知れません。

感染者数が減少しているのは、たぶん自然の流れであり、

増えたり減ったりしながら、収束するような感じです。

知事は感染者数を発表しているだけなのです。

あ、休業補償があった。失礼しました。

おぎやはぎ の 矢作さんはコロナにかかって自然に治癒。

体内には抗体はなくウイルスの死骸が残っていただけ。

こんな人は多いようです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント