2002とり7.JPG

梅雨になる前は、あれだけ暑かったのに、

雨が降り続くと、さすがに熱をため込んでいた大地も熱を放出するのか、

気温が上がらない。

暑くないから良いものの、湿気だけは多く、すぐに皮膚がべたついてくる。

自然は人間が思っているようには、絶対に動いてくれないことがよく分かる。

早く梅雨明けすることを期待しているけれど、

多治見や熊谷みたいにはなってほしくないと思うのだが、

こんな梅雨の時期なのに、良いことが1つだけあることに気が付いた。

蚊がいないのだ。

いないとは大袈裟かも知れないが、寝ていて蚊のブーンという羽音を聞いたのは1回だけ。

こうしてパソコンに向かって文字を打っていても、

平年なら、机の下にある自分の足が痒くなることがあるのだが、

今年は2回しかなかった。

小さな蚊のような奴が出てこない。もちろん物干し竿に吊るす虫よけの四角いやつも、

今年はまだ買ってない。

長雨続きで蚊の卵がボウフラになれないのかも知れない。

蚊が発生しなかったら良いのに。

豪雨被災地の方々もそう思っておられることでしょう。

コロナに豪雨、悪いことばかりの2020年。

小池さんもアベさんも、吉村さんも、そうそう思い通りにならないのが自然の怖さですよ。

肝に銘じるべきです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント