動物園と美術館・・やる気あるの?

2006美術館.jpg

梅雨空の中、3.4時間の雨が降らない時間を狙って、

天王寺動物園に行きました、

コロナのため、検温や入場制限をすると書いてあったような・・・

チケット売り場には人影がありません。

入園料金を払って中へ。

近くにいる人の数は3人。春先から工事をしているエリアもあり、

その中にある時計は出鱈目な表示。

人気者のホッキョクグマのゴーゴも、人が見てないからか、

詰まらなさそうに、ダラーッとしています。

やたらと鳥の臭いがどこでもしています。こんなに臭い!と感じるのは、

梅雨のせい、それとも人が少ないせいかな?

20分で動物園を出て市立美術館へ。

フランス絵画の精華 という展覧会を見るためです。

入場券を買う前に、看板が目に入りました。

マスクを着用してない方の入場はできません との表示。

たぶん入場している人数は100人にも満たないだろうし、

美術館で絵を鑑賞している時、話をする人なんて、ほとんどいません。

絵が好きな人が来るのですから。

だから、この看板で興醒めてしまい、とっとと帰ることにしました。

このごろの大阪市は市の施設利用者をおざなりにしているように見えて仕方ありません。

動物園もゾウの博子が亡くなってから補充するのか分からないし、

工事も遅々として進んでいません。

動物園にゾウさんがいないなんて、子どもたちも興味半減です。

京都市動物園のように、入園者のことを思っての運営をしてほしいです。

カジノよりも万博よりも都構想よりも、いましなければならないことがいっぱいあるのに。

誰もが気軽に楽しめる動物園、手ごろな料金で素晴らしい作品を見ることのできる美術館。

そんな自治体であってほしいです。

※※※ 吉村知事の顔がふっくらとしています。コロナ太りかな?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント