柿渋をご存知ですか?

2005渋.JPG
京都の町を散策していたら、たぶん国内では数軒あるかないかのお店を見つけました。

本藍染と柿渋染のお店です。

柿渋を塗ったもので、渋紙を貼った団扇が有名ですが、

昔は漁業でよく使われていたようです。

漁網は四六時中海水の影響を受け、すぐに弱くなってしまうのですが、

この柿渋を塗ると、大変長持ちしたようです。

防腐剤の役目を果たしていたとも思われます。

小さい時、近所に柿渋を絞る仕事をしていた家がありましたが、

柿渋とは渋柿を青いうちに収穫し、それを石うすのようなもので挽いたり潰したりして、

その汁を絞ったものだと、うっすら記憶しています。

化学繊維の漁網やロープが普及してくると、

需要もなくなり、廃業されたようです。

そんな柿渋染めのお店があったので、懐かしく思い、写真に撮りました。

柿渋染の布は、何に使われているのか知りませんが、

高価であることは確かでしょう。

もう一度近くを通ったら、仲を覗いてみたいと思います。

観光客として・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント