10万円頂ける申請用紙とホームレス

2005菖蒲03.JPG

2か月遅れで到着したアベノマスクでしたが、

銭の方は、いつ来るのか、ちょっと心配になってきます。

この前、別に遅くてもいいや、と書きましたが、

周辺の市では届いていて、おまけに二重振込なんてのもあったりして、

役所によりこうも差があるとは、ちょっと腹が立ってきます。

なんとか生きて行けるので、入金されたら新しいパソコンでも、なんて考えています。

そんな悠長なことを言っていられない人が、世の中には沢山います。

コロナが蔓延する前はネットカフェで暮らしていた人や路上生活者には住所がありません。

NPOなどがそういった人を探し出し、給付が受けられるように頑張っておられますが、

全ての人を把握することはできないようです。

10数年まえのことですが、

西成の簡易宿泊所(通称ドヤ)には一軒に3000人もが住民登録してたことがありました。

失業保険などを受けるために、そのようなことがまかり通っていました。

役所の人も、ある意味ホームレスの人たちの生活安定のため、大目に見ていたのかもしれませんが、

政府の通達で、無慈悲にも住所不定になってしまった人が大量に出てしまったわけです。

阪堺線の恵美須町駅も新しくなり、文字通りホームを寝床にしていたホームレスたちも

締め出されてしまいました。

行政は、せめて雨露がしのげる場所だけでも、提供してやってほしいと思います。

そして住民票の代わりになるものも。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント