憲法記念日ですが苦言を1つ。品格に欠ける弁護士とテレビ局

2004たんぽぽ.JPG

金曜日の早朝に読売テレビに橋下徹氏が出演していました。

その前日から読売テレビでは橋下徹氏生出演と宣伝。

そして夕方、今度は毎日放送テレビのミントに橋下徹さんが出演していました。

氏 と さん。

これはテレビ局の橋下徹への対応というか距離を示しているように感じました。

多くのテレビでは、〇〇弁護士とか元市長の○○さんとテロップが出たりします。

司会者も弁護士の○○さんです、などと紹介します。

ミントで橋下徹氏の出番が終わりかけた時、橋下徹氏は朝の読売テレビで

辛坊治郎氏とケンカをしたようなことを言い、朝日放送には出られない、と。

以前夕方の番組のキャストで、担当者とトラブルがあったようなこと言いました。

この人、弁護士なのに、この言動です。

他局でのことをペラペラ話す。反対する人間(テレビ局も)に対しては、とことん攻める。

大阪府知事・大阪市長時代の他人を追い込もうとする姿勢は全く変わっていないみたいです。

そんな姿勢を好む人が大阪には多いようで、テレビ局もこぞって使う。

昨日のお昼も、関西テレビに出ていましたし、今朝の関西テレビ(フジテレビ)にも出演していました。

私は、この橋下徹という人が大嫌いです。が、この人が弁護士でなかったら文句は言いません。

弁護士だからです。

弁護士の中には反社会的組織の弁護をする人もいます。嬉しくはないですが、

いろんな立場の人でも、弁護を受ける権利はありますから。

そんな弁護士でも、関係する反社の人がどうのこうのとは言いません。

一般人だって、テレビに出たとき、他局の悪口なんて言いません。

それが大人であり、一般的常識というか、ルールなのであります。

テレビという公器を使って他人を貶めるようなことはダメです。

先月、大阪市長が橋下徹氏を関西電力の社外取締役に推薦しましたが、

関電側は一部の政党に傾いてるからとして拒否すると、松井大阪市長は株主代表訴訟をするとのこと。

自分の政党(大阪維新)の顧問であるのに。ヘンなことになっています。

もうすぐ橋下徹氏の思いのままの大阪になるかも知れません。

しかし、あとで地獄を見るのは大阪の人達です。

廃止された住吉市民病院のあとの現況を見ても分かります。

※※※
多くのテレビに出演して好き勝手なことを言って稼げる人みたいになりたい。
そのためには最低、知事を経験しなくては・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント