37,5℃

2003きりん.JPG
今日は午後からいつもの歯医者さんで、ゴリゴリしてもらいます。

正直言って、歯科へ行くのは嫌いです。音だけで痛く感じるからです。

歯医者さんへ行けば、

受付に予約カードを出しますが、ここで体温を測ってもらいます。

「はい、36,6℃です」などと言われ、身体の状態を聞かれ、

何もなかったら、しばらくしてガリガリキーンの部屋に。

これはご存知のように、コロナに感染しているかどうかの予備調査みたいなものですが、

毎回???なのです。

37,5℃以上あれば、コロナでなくても、風邪をひいてたり、お腹の調子がわるかったりする

場合もあります。すべてコロナに関係するとは思いません。

それに体温が37,5℃にもなっていれば、私の場合、しんどくて外へ出るのも嫌にります。

先週末から色んな施設の営業が始まり検温していましたが、体温が平常よりすごく高い人が、

そんな施設へ行くことなんて、まずないのでは・・・

感染防止のために、長い時間労力をかけて除菌していますが、

これは全国民の体内にウイルスが侵入しているとの仮定でしているのかな?

他府県から移動を禁止するのもヘンです。

感染者数を都道府県別に報道するより、

大阪なら、市町村別、果てはもっと地域を絞って報道するべきです。

府県別の広い地域より、最低でも市単位くらいで分かれば、他の地域の人は安心するのに。

クラスター感染などの病院名は発表するけれど、

多く感染している地域の名は発表しない不思議。

37,5℃も、マスクも、2メートルも、現金よりカードも、

本当は誰のためにしているのかな?

怖い怖いと口をそろえてインタビューに答えていますが、

それなら人が多く居る場所へなぜ行くのでしょうか。

本当はみんな 私は感染しない と内心思っているのかも。

ウイルスは目からも侵入するし、空気中を長い時間漂っていると勝手に思っていますから、

感染するのは、運が悪かったと思うしかありません。

自粛破りのパチンコ屋さんで感染したという事例はあったのでしょうか?

肝心なことを教えてくれないなんて、狡いと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント