弱い者苛めの新型コロナウイルス対策

2001つるみ07.JPG
感染防止のために、学校は休みとなり、

人の集まるところへは行くな、という風潮が既成事実として

誰もが他人を疑いの目で見て、差別を生む土壌を醸成しつつあります。

そのとばっちりを受けているのが社会的弱者であることは言うまでもありません。

パートをはじめとする非正規労働者や派遣社員などは、即生活に響いてくるし、

そのために子供に満足な食事を与えることが出来ない家庭も多数あるようです。

子どもの7人に1人が貧困だと言われているのに、

今回の政府方針により、子ども食堂さえ閉鎖に追い込まれる始末。

食事ができない子どもに、行き場の無い子ども。

本当はそんな子どものことを真っ先に考えて、それから非正規労働者に目をむける。

そして最終的に大きな企業に勤める人たちにテレワークや時差出勤を勧めるのが筋ではないでしょうか。

アベさんは最初にテレワークを推奨していましたが、

前にも書きましたが、テレワークでモノの生産は出来ないのに。

まず、現場に立つ人やその日の暮らしに困窮している人のことに目を向け、

誰もが新型コロナウイルスに感染しない多様な方法を実施すべきです。

感染はしないけれど、精神的・経済的に逼迫して、生きていけないような人を出しては絶対駄目です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント