子どもが大丈夫なのに、親が卒業式に出られないなんて・・・

2003春04.JPG
卒業式たけなわのこのごろ。昨日、電車内で袴姿の女子を2人、見かけました。

テレビで宣伝している流行りのヘアスタイルで、口紅は濃いめでした。

さすがにマスクはしてなくて、思い切りのオシャレな卒業生を見ることができました。

その向かいの、私から少し離れたオッサンは咳を何度もしていましたが、

こうしてブログを書けるのですから、

ま、感染はしていないようです。

ところで我が子の卒業式を見ることができない親御さんはかわいそうです。

家にずっと居て、子どもも大人も症状がないということは、大丈夫ということです。

大丈夫な子供が席の間隔を空けたり、マスクをしたり。

その子供たちに感染の可能性がほとんど0に近い親御さん。

どう考えても卒業式に参加できないのは、やっぱりオカシイです。

これって先生や教育委員会が、万が一感染者が出たら、責任問題になると思い、

そこから何もしない、出席させない、との論理を展開しているのにすぎなのでは。

自分の責任となることを絶対に避けたい、役人根性が丸出しです。

こんな状況でもオリンピックは開催したいアベさん。

すんなり中止にすると断言すれば、余分な労力と出費を、

もっと有効に使うことが出来るのに、と思ってしまいます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント