ロボットの郵便配達にならないかなぁ

2003春05.JPG
郵便局員が書留を持ってやってきました。

ドンドン、「郵便局です」

「ハンコ要りますね」と言っても何も言わない。

ドアを開けたら、ハンコを押す欄を指し示す。

こっちが押すと、何も言わずに回れ右。帰って行った。

書留は個人に確実に届けるものです。

だから届けた証拠に印を押したり、サインをする。

だからその分料金も高い。

届けたら「ありがとうございます」と言うのが普通ではないか。

そんなこと今の若者は考えない。届けたという事実さえあれば良いと思っているようだ。

向こうが何も言わないので、こっちも「ご苦労さん」と言わなかった。

全くの他人であるけれど、そこにコミュニケーションがあれば、双方、ホッとするのでは、

と思うのだが、スマホ世代は全く思っていないようだ。

これじゃロボットがAIを駆使して応答する方が、こっちが落ち着く。

今の若者は、ロボット以下であるが、

何処へでも動いて郵便物を運ぶことができる機械なのかも知れない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント