町内に55ものお寺。たぶん日本1のお寺密度だ。 (一昨日の記事の続き)

2002ちず.JPG
京都市岡崎の動物園への行き方は、色々ありますが、

火曜日は、いつもと違ったコースで、民家の立ち並ぶ、

細い一方通行の道路などを通ってみました。

たぶん学生時代に歩いたような気分が蘇ってくる京都らしい家並みが連なっています。

以前、松原通りにある六道珍皇寺近くの北向き地蔵を紹介したことがありますが、

そのお地蔵さんがある祠への入り口は2階建ての民家の1階部が通路になっていたのですが、

今回も同じように民家の1階の一部部分が通路になっていて、

そこを抜けるとまた両側に何軒かの民家があり、

ドン付きにお地蔵様が祀ってありました。

この形式は、京都ならではのものかどうか分かりませんが、何か意味があるのでしょうか。

そんなことを思っていると、この界隈、お寺だらけなのです。

新洞小学校を越えたところに、新洞学区寺院案内図があり、55もの寺院が狭い区内にあるのですから

驚きです。

後で距離を測定すると、東西で600m、南北で400mくらいの面積の半分がお寺なのです。

寺町通にもお寺は沢山ありますが、密度はこの仁王門通りの方が多いような感じです。

有名寺院には観光客が多く訪れますが、ちょっと路地を入ったところには、

京都の歴史を感じるところがたくさんあるようです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント