世論調査の結果は正しいのでしょうか?

2002はな01.JPG
国会での「意味のない質問だ」とヤジを飛ばしたアベさん。

ご自分が行政府の長であることを忘れているようです、が

支持率は45%以上もあります。

昨年からずっと批判されている「桜を見る会」等の野党の疑問には一切答えなくても、

余裕のよっちゃん、なのであります。(昨日もこの言葉遣いました)

世の中の一般常識が通じない永田町であるのは、もう分かっていますが、

世論調査でアンケートに答えた人は、それまでしてアベ内閣を支持するのが理解できません。

そこでいつも思うのは、世論調査は数字のマジックではないか、と思うのです。

調査の方法は、コンピュータによる質問であり、

答える私たちは、該当する質問で、予想されるいくつかの答えを

電話機の番号を押して答えるものです。

例えばアベ内閣を支持しますか?との問いに対して、

1 支持する、2 支持しない、3 わからないなどとなっています。

そして政党支持においても1 自民党、2 立憲民主党、3 国民民主党な、と

議席の多い順から若い番号となっています。

だから支持する政党が無い場合は8や9の番号を押すことになりますが、

それをずっと聞いていて、何十秒も経過してから押すべき番号が出てくるのですから、

答える方は、だんだん苛ついて来て、1の番号をおしてしまうのではないかとも考えられます。


だからアベ内閣を支持するという番号が9番目に出てくるとしたら、

アンケート結果は、全く違ったものになってくることがあるのではないか、と思うのです。

党や名前が何番目に出てくるのか分からないようにすることで、

もっと公平な調査になると考える大好きニャンコであります。

けれども、検事の任期をもゴリ押しで伸ばすアベさんですから、

そこのところもうまくカバーするように仕組んでいるのかも知れません。

これじゃ、世の中、汚いことをしても良いのだ、と・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント