権力者に加担するTV局

1909とら2.JPG
今朝の目覚めは最悪でした。

テレビのニュースを見ながら朝の血圧を測っていたら、

カマキリ大阪市長・松井と勝手なことばかり言う橋下前市長が

例の如くアベと菅に会い憲法改悪や今話題のIR、それに大阪都などについて話し合ったとのこと。

ムカッときたので、血圧も跳ね上がり、再度測定することに。

12月になってから橋下は、一部の在阪テレビ局に毎週のように登場しているので、

おかしいな、と思ってた矢先のことで、ああ、なるほどと思ったのです。

秋元司議員の逮捕によりIRの実現は遅れそうで、どの地域になるかも決定してないのに、

大阪の夢洲は決定しているかのようです。

アベさん得意の忖度というより、アベさんが裏で指示を与えていることは確かでしょう。

大阪都は自民党は反対なのに、総裁に陳情と言ったところですが、

それなら橋下は関係ないのに。テレビに出て都構想を推進するというこすい手法を使っています。

橋下の傀儡として維新があるからでしょうか。

在阪のK局とY局、それにお笑い会社のY興業は橋下らにべったりです。

日本が軍国主義になり戦争に突っ走ったのは、

当時の最大のメディアである新聞が後押しをしたためです。

メディアは常に権力に対峙する立場でないと、市民を不幸な目にあわす凶器にもなるのですから。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント