やっぱり起きた小学生のスマホ事件

1911もみじ01.JPG
大阪市住吉区の小6の女の子が行方不明になって1週間。

見つかって、良かったと思う一方、

SNSで知り合った35歳の男と一緒に栃木まで行くとは・・・

大阪の教育庁が非常時に連絡を取るためのツールとして

スマホを認めたことから、低学年の児童までスマホを持つようになり、

やっぱりと思う事件が起こったわけです。

非常時とは、いつ起きるかわからないことですが、そのために

毎月数千円の出費をしてスマホを持たせる意味があるのか、と

以前も書きましたが、やっぱり大人がするように、

SNSで遊ぶことの危険性を見せてくれました。

スマホにより何処に居るか、位置を確認することは出来ても、

スマホを使って何をしているかは、親も知らなかったのです。

だから、と言っては語弊がありますが、

大阪の教育庁は携帯電話会社の回し者かと思うくらいです。

あの維新ツインズ(大阪市長と大阪府知事)は、どのように思っているのでしょうか。

たぶん今日あたり、眉間に皺をつくり何か言うかもね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント