山口県周南市の野良犬

1910にゃん1.JPG
野良猫や野良犬は全国的に減っているのに、

何故か周南市の公園では増える一方らしいです。

映像を見ていると、エサやりをするひとが何人かいて、

ネット上では、野良犬を守るためにエサの寄付を募っているようです。

これは命を大切にとのことで、その趣旨には賛同したいのですが、

ただエサをやり、命を長らえさせるだけで、野良犬は思うがままに生きています。

増えて群れを成して行動することで、公園を利用する人が恐怖を覚えたり、

実際に咬みつかれる被害も起きています。

エサをやるなら、犬を持ち帰り飼ってあげれば良いのに、と思うのですが、

そんなことはしないみたいです。ある意味自己満足の世界に浸りたいだけなのかも。

一方、野良猫の場合は一時保護を行い、子どもが生まれないように避妊手術をして、

地域猫にしたり、貰い手があれば飼い主になってもらうなどの方法をとっています。

耳に桜の花びらのうになっている(桜耳)ノラは、手術を受けた証なのです。

そんなノラには定期的にエサやりをする人がいますが、食べ終わった後は、

ちゃんと片付けて帰られます。

野犬にもそんなシステムができれば、お互い気持ちよく公園を利用できると思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント