京都造形芸術大学、大阪市立高校、維新

1909はな03.JPG
大阪城の前にある大阪府庁舎。ここに

北方領土云々・・の大きな垂れ幕があります。

これを見ていて、日本維新の会を除名され、N国党に入った

丸山穂高が戦争によって領土を取り戻せ、とわめいていた(昨日もまた言った)ことが、

あながち個人の意見だけではなく党の意見だったのかな、とも思えてくるのです。

あのような垂れ幕、他の都道府県の庁舎にも垂れ下がっているのかなぁ?

さて表題の京都造形芸術大学が名称を京都芸術大学に変更することになり、

本家本元の京都市立芸術大学が、紛らわしいとして名称の使用差し止めを求めた裁判を起こすそうです。

ニュースでは設立されて30年の伝統ある大学、とアナウンスされていましたが、

たった30年で、伝統とは片腹痛しです。

100年ならば、十分に伝統ある○○となるでしょうが、

これは京都市立芸術大学に分がありそうです。

伝統あると言えば、

110年以上もの歴史がある、大好きニャンコが卒業した大阪市立の高校なのですが、

あの大阪府知事は、大阪市立高校をすべて府立に移行しようとしています。

府知事なのに大阪市のことに土足でズカズカと上がり込むって、いったい何の権限があってのことか?

あたかも大阪都構想を前倒ししている感じです。

各高校の名称等はこれからのことのようですが、この知事と大阪市長は、

大阪を味噌も糞も一緒にした、異臭を放つところにしたいようです。

これが維新のやりかたなのです。

突飛なことを言えば、世間の関心を引くということを実感しているのでしょう。

それは府民の投票行動にも現れていますが、

投票しない人のほうが多いことも忘れずに。

香港の中高生のように、若い人たちが政治に興味を持ってくれなくては、

また75年以上前に逆戻りだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント