ぶた汁 と とん汁 と、思惑

19 r12010.JPG
日曜日の早朝のテレビ コトノハ図鑑 という番組で

とん汁とぶた汁について起源などを探っていました。

それによると、どうも一番初めにはぶた汁という名称だったのが、

東京でとんかつが食べられ始め、その関連でとん汁という名称が関東地方に広まり、

現在では日本中で とん汁 と呼ばれるようになったとのこと。

大好きニャンコの大阪北部では、小さいころから ぶた汁 と言ってました。

それが近年 ぶた汁 とは呼ばなくなったのを嘆いていたわけです。

しかし、まだまだ ぶた汁 と呼ぶ食堂もあるようで、嬉しい限りです。

日本語は、もともと音読みが続いていれば音読みで、

訓読みが続いていれば訓読みという決まりがあり、

重箱(じゅうばこ)は例外であるとのこと。

そこでいつも思っていたことを、この場で。

思惑という言葉ですが、調べたらいろいろ出てきますが、

音読みなら(しわく)です。

訓読みでは(おも・い まど・う)となるようで、

(おもわく)と読みたいなら、思わく と書く方が良いのかも。

直撃という言葉なんて、芸能用語みたいになって、

本来なら相手に危害が加わるのですが、全く意味が違ってきました。

エンタメも芸能界を指す言葉みたい・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント