映画「ひろしま」

1905ねこ2.JPG
昨日の朝のニュースで、映画「ひろしま」があることを初めて知りました。

広島市民が8万8千人も参加して、1953年に制作されたけれど、

当時アメリカに忖度した配給会社が上映を拒否、細々と名画座などで上映されていたとのこと。

いつものように調べてみると、

1955年のベルリン映画祭で長編映画賞を受賞していました。

そんな「ひろしま」が60年以上、多くの一般の人達に知られなかったのはどうしてなのか、

不思議に思います。

明日は長崎原爆の日。いま一度戦争とは何か、

核兵器廃絶のために何をすればよいか、考える良い機会だと思うのですが。

なお17日(16日深夜)にEテレで放送される予定です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント