近ごろ見なくなったモノ

今週残りは、この写真を使います。夏場はニャン写真がないからです。
19 r12002.JPG
農地が潰され、宅地や配送センターみたいな建物が建ったりして

街の風景は年々変わりますが、

川が近くにあるせいで、少し緑が残っています。

こんな暑い夏でも、夕方になればコウモリが飛び回っているのは、

良いことか悪いことか?

けれども環境の変化は近頃著しい感じがします。

まず、蚊が少なくなったことです。

さすがに陽が落ちたら飛んできますが、

ブーンというあの独特な羽音はありません。

部屋に入って来ても、15分くらい蚊取り線香を燃やせば、大丈夫です。

蚊よりも少なくなったのは、蛾です。

大好きニャンコは蛾が大嫌いです。特にアメリカシロヒトリは見るだけでも寒イボ(鳥肌)に

なってしまいます。

こいつは夜になると街灯や階段の蛍光灯めがけて飛んできます。

でも最近、見なくなりました。

街灯や階段の灯がLEDになったからかも知れません。

LEDは昆虫の目に見えないのか、反応しずらいと何かの本で読んだことがあります。

どちらにしろ、虫たちの受難の時代であることは事実です。

喜んでいいのやら悪いのやら。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント