どっちもどっち  + 伏見の事件で思うこと

ニャンコ933.jpg
明日は選挙の日ですが、われらがアベさんも、お隣の韓国のムンという大統領も

よく似ていると感じました。文脈的にヘンですね。

いくら話し合いをしようと言っても、聞く耳もたなかったムン。

それが半導体の製造に欠かせない3品目の輸出を厳正にするとなったとたん、

日本が悪いとうそぶく大統領。人気が下がってくると、スケープゴートの日本に咬みつく有様。

と思えば、この3品目、ずっと以前から規制したらどうか、との意見があったのに、

選挙選が始まったとたんに持ち出した総理大臣。

どっちも自分のために伝家の宝刀を抜き放ったのです。

これで明日の選挙結果を待たずして、勝利宣言をしそうな勢いだ。

けれども、両国の国民は、本当に大統領や総理大臣が好きなのか、と思てしまう。

特に日本の総理大臣。森友問題でも、大阪地検特捜部までもが

忖度して、アベさんは自分には1つの非もないようにふるまっている。

都合が悪くなると早口ではぐらかす。

つまるところ国のトップはワルじゃないとできないということか?

正直者が損をする国がいつまで続くのだろうか?

たぶん、ずっと続きそう。

※ ※ ※

京都アニメーションへの放火殺人事件。

若い命が多数奪われ、メチャ悲しいです。

妄想の怖さを思い知りました。

NHK朝のドラマで、何かテロップでも出るかな、と

思っていましたが、昨日も今朝も何もありませんでした。

アニメーターのお話しなのに。悲しいです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント