隠し神 第3部 No.14

昨日の隠し神の写真、左にありましたが、文章は回り込みできません。

他の利用者も扱いにくくなったとなげいておられます。

先週は載せることが出来なかったので、

今日はちゃんと載せます。あーあ、文字変換が遅すぎます。???

隠し神画像.jpg ウリボーの言ってることは分かったようで分からない。そんな感じがするが、要するに奇ッ怪島とウリボーは紙の裏と表みたいな関係であることが分かった。
「そんなものかも知れないけど、肝心なのはダメ男がヘルヘイトを消滅させた時、ほんの一部だけ悪の邪念のようなものが、通路の壁にへばりつき取り除くことができなかったんだ。神様はそのことを知っていたんだが、とりあえず元の世界に戻ることが先決だったので、後回しにしたんだって。それが今回の原因なんだ」
 俺が原因だなんて勝手に言われたって責任なんて取れないじゃないか。ここまでやって来たのも、洋子と旅行するためで、神様の悩みを解決しに来た訳じゃない。それにタールがどうして今は消えている俺の体内の通路からウリボーというか奇ッ怪島の船底にワープしてへばりついたのかも、納得がいかない。不思議なことだ。
「あのタールのようなものは、きっと僕の体内のどこかにへばりついているはずなんだ。あれを始末するまでは神様たちは揺りかごから出て来ないんだよ。僕もこの先どうなるか不安だし」
「なんだか知らないが、神様が出て来られなくても構わないけれど、洋子も神様と一緒にいるのだろうか、ウリボーはどう思う?」
「洋子はダメ男が奇ッ怪島へ飛んで来る前に実家の旅館へ帰ったみたいだよ。何か急用みたいな感じだった。だから今度こそ本当にダメ男一人で解決すなければならないんだ」
「それっておかしいよ、ウリボー。最初に君と遊んだのは洋子が言ったからだよ。洋子とのジャンケンの後で君と会ったんだから。あの時は洋子が奇ッ怪島に居たはずなんだ。実家へ帰ろうにも瞬間移動も飛ぶことも出来ない洋子が帰ることなんて出来ないよ。まだ何か隠しているんだな、ウリボー」
 イデレブラや麗奈さんが言ってたように、ウリボーの言動にもおかしなところがある。少しだけ予知能力があるだけの洋子の行動もいつもと違っている。神様の揺りかごで起こっている本当のこととは何なのだろうか。
 神様が直接動くことができない状態で、俺一人がどこにあるのか分からないあのタールのような変な物の邪念を取り除かなければならないなんて、無理なことだ。いや、神様やウリボーが出来ないことだから俺がやらなければならないのかも知れない。
 どっちにしても揺りかごであるこの場にじっとしていても何の進展も図れない。ここへ来る前の状態に戻ったほうが良さそうだ。
「ウリボー、俺を奇ッ怪島の甲板へ戻してくれないか。ここに居たって、変な物がどこにあるか知ることができない。それに変な物がこの揺りかごの辺りにあるなら、とっくに分かってると思うよ。ウリボーが分からないってことは、今はウリボーの中には変な物は存在していないということなんだ。俺を奇ッ怪島の甲板に戻してくれたら、すぐに変な物を消滅させるから」
 しばらくしてウリボーは俺の言ってることを理解したみたいで一番長い足(手かも知れないが)で俺を掴むと、一気に水中を水平方向に泳ぎ、そして今度は垂直に上昇した。それにも拘らず俺は船底に入る前と同じように呼吸もできたし、水圧も気にならなかった。
「さ、着いたよ。早く変な物を処理してね。じゃ」
 こう言ってウリボーは俺を奇ッ怪島の甲板へ放り投げた。なんだか投げやりな感じがした。変な物の影響がウリボーにも出てきているのかも知れない。
 俺は甲板の遥か上から自力で降りることにした。気をつけの姿勢でゆっくり甲板に立つと、そこはほんの少し前にトビウオと一緒に来たときの船とは全く違っていた。まるで幽霊船だ。わずか数時間で奇ッ怪島は百年以上漂流していたような状態になっている。
 この船には今は誰もいない。みんなウリボーに移ったようだ。変な物は残っているような気がする。さもなければこんな風にはならないはずだ。その時だった。足下が引っ張られるような感じがした。これが予感というものだろうか。ちょっと飛び上がって下に目を向けた。タールのようなものが蠢いている。変な物だ。やっぱり居たんだ。いや本当のところはヘラで剥がしたと思っていたのは思い違いで、ずっと奇ッ怪島にくっついたままでいたのかも知れない。
「フ、フ、フ。久しぶりではないかダメ男。この日をどれだけ待っていたことか。ようやく一人になったみたいだな。じっくりいたぶってやろう。フ、フ、フ」
 ヘルヘイトの声だ。あのとき元締がやっつけたのは何だったのだ。この変な物は俺が来るのを待っていたのだろうか。しかし変な物は移動するのもゆっくりな感じがする。素早く動けるのなら、とっくに俺にダメージを与えていたに違いない。このままヘラで掬い取りバットみたいな容器に入れて逃げないようにしてから元締達に対処方法を考えてもらえば良いではないか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント