ルーちゃん餃子を知ってますか?

まえに「マツコの知らない世界」で関西のセミ餃子が紹介されていたことを載せましたが、

今回はセミ餃子よりずっとずっと昔に発売されていたルーちゃん餃子が現在もあり、

知らずに買っていて、焼こうとおもってパッケージを開けたときに気づいたのです。

画像


ルーちゃん餃子は、当時 笑福亭仁鶴(現在NHKの生活笑百科の司会者などをしている落語家)が

美味しかるかる と言って宣伝していたもので、爆発的に売れた餃子なのです。

時折思い出し、あったら買おうと思っていた餃子ですが、

とっくに会社もつぶれてしまったものと思っていたのです。

それが小さなスーパーで税別100円で売ってたのを、安いと思い買ったわけです。

当時と同じような皺しわの、例えるのはちょっと気が引けるのですが、

カブトムシの幼虫をベチャッと抑えたような感じの餃子なのであります。

食べてみて、当時の味だと思いました。

製造は、香川県さぬき市にあるフジフーズという会社になっていました。

当時からそうだったかどうかは忘れました。

けれども美味しかった!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

この記事へのコメント

「ルーちゃん餃子を知ってますか?」について
2017年10月10日 19:37
笑福亭仁鶴氏の他に大橋巨泉氏のCMもあったような?
もしかして同時期に関西バージョンと関東バージョン
があったのかな?
巨泉氏の「いくら喰ってもの臭わないよ」のセリフが
印象的でした。
ちなみに私は関東在住なので仁鶴氏のCMは見たことありません。

勘違いだったらすみません。

この記事へのトラックバック